NHK Eテレでロングラン放送中のテレビアニメ「忍たま乱太郎」が、1993年の放送開始から25周年、「おじゃる丸」が98年のスタートから20周年を迎える2017年に、「忍たま乱太郎」第25シリーズと、「おじゃる丸」第20シリーズの放送が決定した。

 「忍たま乱太郎」は、尼子騒兵衛氏のギャグ漫画「落第忍者乱太郎」のアニメ化。忍術学園に通う忍者のたまご・乱太郎、きり丸、しんべヱたちが、一人前の忍者を目指して奮闘する姿を描く。一方の「おじゃる丸」は、1000年前のヘイアンチョウから月光町にやってきた、やんごとなき雅なお子さま・おじゃる丸が、家族同然のカズマたち田村家の面々や、おじゃる丸を追ってきた子鬼トリオともに、ハプニングに満ちた日々を送るギャグ作品だ。

 アニバーサリーイヤーに先駆け、「忍たま乱太郎」と科学番組「コズミックフロント☆NEXT」のコラボレーション番組「忍たま乱太郎宇宙大冒険」が12月にNHK総合で放送。乱太郎たちが巨大宇宙船に乗り、彦星とともに織姫を探す旅に出る「〜天の川で赤ちゃん星を見つけた!の段〜」と、突如現れたブラックホールに落ちてしまった乱太郎たちが、宇宙ガイドのミス・スワンとともに宇宙ツアーに参加する「〜ブラックホールで危機一髪!?の段〜」の2話(各25分)の放送が予定されている。