人気アニメ「妖怪ウォッチ」の劇場版第3弾「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の実写パートビジュアルが、このほど披露された。妖怪役に初挑戦する山崎賢人と斎藤工が、それぞれ妖魔界を統べるエンマ大王と、その側近・ぬらりひょんに扮した姿を見ることができる。

 レベルファイブが企画・原作を手がける「妖怪ウォッチ」は、ゲーム、アニメ、漫画、玩具などさまざまなクロスメディア展開を行う国民的アニメ。劇場版も大ヒットし、昨年公開の第2弾「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は興行収入50億円を記録した。

 第3弾となる今作は、シリーズ初の実写パートを導入。さくらニュータウンに空飛ぶ巨大クジラが現れたことで“実写の世界”が誕生し、ケータやジバニャンたちが実写とアニメの世界を股にかけた大冒険を繰り広げる。

 エンマ大王&ぬらりひょんは、劇場版第2弾で登場。人間と妖怪の交流について意見の相違から対立し、大乱闘を繰り広げるさまが子どもから絶大な支持を受けた。真っ赤な衣装に身を包み、力強い眼差しを投げかけた山崎は「(エンマ大王は)妖怪の世界で一番強くて、一番偉いという妖怪なので、男の子が見ても憧れる存在なのかなと思い、すごく楽しく演じさせていただきました」とコメントを寄せる。ニヒルにほほ笑む斎藤は、山崎との初共演に「深い絆がある2人(エンマ大王&ぬらりひょん)を実写で山崎賢人くんと一緒に演じることができて、とても楽しかったです」と充実の様子だ。

 さらに2人は、劇中でダンスも披露。実写とアニメの世界で起こる異変の影響で、体が勝手に踊りだすという場面だそうで、悪戦苦闘して完成させただけに「やっぱり注目して欲しいのはダンスシーン」とアピールしている。「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は浜辺美波、黒島結菜、武井咲澤部佑遠藤憲一らが共演。12月17日から全国公開される。