レニー・ゼルウィガーが、人気ロマンチックコメディシリーズ第3作「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」を引っさげ、約11年ぶりに来日することが決定した。

 ゼルウィガーの来日は、ラッセル・クロウ演じる主人公の妻を演じた「シンデレラマン」以来4度目。10月20日に都内で行われるジャパンプレミアに参加する予定だ。本作では、長年演じたブリジット・ジョーンズが人生最大の恋のピンチに直面する姿が描かれており、ゼルウィガーが何を語るのかに注目が集まる。

 前作「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」から11年ぶりに公開される新作。ニュース番組のプロデューサーとして適度に充実した生活を送りながらも、いまだ独身であることに不安も抱えるジョーンズに、新たな恋が訪れる。

 ジョーンズの恋の相手となるのは、元恋人で現在は離婚調停中のマーク(コリン・ファース)とIT企業の社長ジャック(パトリック・デンプシー)。第1作も手がけたシャロン・マグワイア監督が再びメガホンをとり、「ブリジット・ジョーンズ」らしい笑いとロマンスの詰まった物語が展開する。

 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」は、10月29日から全国公開。