女優の栗山千明が、11月18日から放送されるNHKドラマ「コピーフェイス 消された私」に主演することがわかった。栗山は罪を犯したセレブ妻と、その罪を暴こうとする雑誌記者の1人2役に扮し、愛憎渦巻くラブサスペンスに挑む。

 原作は、ロマンス小説の大家として知られる米作家サンドラ・ブラウン氏のサスペンス小説。フリーの雑誌記者・広沢和花(栗山)は、ある美容外科クリニックの悪事に迫るため、クリニック理事長・朝倉柊二の妻・芙有子に接近し潜入調査を始める。しかし、芙有子とともに乗った飛行機が墜落。命からがら救出された和花だが、重度のケガにより芙有子と間違えられてしまう。

 そして最新の医療技術により、芙有子と瓜二つに整形される和花。事故のショックで記憶を失っていたことから、しばらくは「理事長夫人」として生活するが、すべての記憶を取り戻したとき、和花は芙有子の夫である柊二を愛してしまっていた。愛のため他人として生きるか、正義のため自身の人生を取り戻すか、選択のときが近づく。

 ドラマ「コピーフェイス 消された私」は、佐藤隆太、玉置玲央、芦名星前田亜季鶴見辰吾、田島令子、寺田農らが共演する。11月18日から毎週金曜午後10時放送。全6回。