10月から第2クールの放送がスタートするテレビアニメ「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのさいなん)」で、声優の山寺宏一が主人公・斉木楠雄の祖父・熊五郎を、山寺の妻で同じく声優の田中理恵が祖母・久美を演じることが決まった。同作では、楠雄の父・國春役の岩田光央と母・久留美役の愛河里花子が夫婦共演を果たしており、実生活で夫婦の声優2組が、劇中でも夫婦役を演じることになる。

 「斉木楠雄のΨ難」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の麻生周一氏の漫画が原作。テレパシー、サイコキネシス、透視、予知、瞬間移動、千里眼といった超能力を持つ高校生・斉木楠雄を主人公に描くコメディで、目立たずに生きようとする楠雄の前に次々と不思議な人間が現れ、災難が降りかかる姿を描く。

 同作は、毎週日曜日の深夜ほか、今春まで山寺がMCを務めていた情報番組「おはスタ」内でも放送されており、山寺は「僕が卒業した後に『おはスタ』で始まった作品ですが、こんなにおもしろい作品があったのか! と楽しみに観ていました。熊五郎おじいちゃんは、ツンデレ、いや、もっと多面性を持ったおもしろい役で、とても楽しく演じさせていただいています」とコメント。田中は「おばあちゃん役でオファーをいただいたのは初めてなので、少し不安に思っていたのですが、心はJKということで、若々しく演じさせていただいて良いんだな、と安心しました。アフレコ前に、夫と一緒に家でリハーサルをしたのですが、テンポが早い作品なので、もっと早く! 若々しく! とダメ出しされたのが、ちょっと悔しかったです(笑)」と話している。