英国人数学者とインドの名もなき事務員というまったく境遇の違う2人の天才が、世界を変える奇跡を起こした実話を映画化した「奇蹟がくれた数式」の特別映像が公開された。デブ・パテルとジェレミー・アイアンズ、メガホンをとったマシュー・ブラウン監督らのコメントとともに、映画として初めて実現したケンブリッジ大学の最高峰トリニティ・カレッジでの撮影風景が収められている。

 数学界に多大な貢献をもたらし、“アインシュタイン並みの天才”と称えられるインド人数学者ラマヌジャン(パテル)と、ラマヌジャンを見出し共同研究に人生を懸けた英国人数学者G.H.ハーディ(アイアンズ)の友情を描く。

 1914年、ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、インドから届いた手紙に驚くべき“発見”が記されていることに気が付く。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招聘(しょうへい)するが、学歴もなく身分も低いことからほかの教授たちは拒絶する。そんな環境のなか、ラマヌジャンは孤独と過労で病に倒れ、ハーディは数式の証明に立ち上がる。

 映像で、アイアンズは「本作に心を引かれたのは、初めて知る話だったから」と語る。2人の存在も物語も知らず、数学にもなじみがなかったが、「情熱や驚き、神秘や芸術にあふれていた」といい、「純然たる数学者というのは数学を芸術のようなものとして研究する」と独自の見解を述べている。

 一方のパテルは、作品の内容から「共演者は名優ぞろいになるだろうと思っていた」と明かし、「2人の人間の心の交わりが見どころ」と目を輝かせる。ブラウン監督は「本作はいわば(ハーディとラマヌジャンの)ラブストーリー」「師弟関係を斬新な切り口で見せていてとても面白い」と仕上がりに胸を張っている。

 「奇蹟がくれた数式」は、10月22日から角川シネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国公開。