故臼井儀人さんの漫画を原作とする人気テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」が今年で25周年を迎えたことを記念し、作品の舞台になっている埼玉県春日部市と、同市を走る東武鉄道と連携した特別企画「クレヨンしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば〜」が、11月3日から約半年にわたって実施される。

 同企画では、東武伊勢崎線・久喜駅および日光線・南栗橋〜東急田園都市線・中央林間のあいだで、同作のラッピングトレインが運行され、運行初日に春日部駅でラッピングトレインの出発式が行われる。また、春日部市のコミュニティバス「春バス」でも、それぞれデザインの異なるラッピングバス3台が運行を開始し、こちらも初日に春日部駅東口で出発式を予定している。

 そのほか、ララガーデン春日部の「ゲーセンクレヨンしんちゃん嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」では、17年3月末まで「ブリブリシネマスタジオクレヨンしんちゃん特別展示」を開催。「『映画クレヨンしんちゃん』はここから始まった」をテーマに、劇場版第1作「アクション仮面VSハイグレ魔王」原作複製原画が展示されるほか、会場には歴代映画バージョンのしんのすけが集合した装飾が施される。また同所では、17年1月9日までの土日祝・年末年始限定で、人気キャラクターのぶりぶりざえもんをイメージした豚まんなどを提供するキッチンカー「ビストロ オラマチ in カスカベ」もオープンする。

 なお、東武鉄道の運行区間にある押上の東京ソラマチでも、同企画の一環としてコラボカフェ「ビストロ オラマチ」のオープンが決定。「しんのすけたちが食べてみたいフード&スイーツ」をテーマとした限定メニューが提供されるほか、「クレヨンしんちゃん」の世界を堪能できるフォトスポットも設置される。期間は17年1月9日まで。メニューなどについては後日発表される。