米マーベル・スタジオが10月6日(現地時間)、Netflixオリジナルドラマ「パニッシャー(原題)」を2017年に配信することを発表した。あわせて、主演のジョン・バーンサル以外の主要キャストとキャラクター設定も明らかになった。

 「デアデビル」シーズン2で好評を博したパニッシャーことフランク・キャッスルを主人公にしたドラマ。キャッスルが軍の特殊部隊にいた頃の親友で、現在は軍事企業を経営するビリー・ルッソをベン・バーンズ(「ナルニア国」シリーズ)、米国家安全保障局の元分析官で、キャッスルにとって有益な秘密を知るマイクロ役をエボン・モス=バクラック(「ザ・チャイルド」「GIRLS ガールズ」)、国土安全保障省の敏腕エージェント職員でパニッシャーを目の敵にするダイナ・マダニをアンバー・ローズ・レバ(サン・オブ・ゴッド)が演じる。

 米Colliderによれば、すでにニューヨークで撮影が開始されている模様。ブルックリンでの撮影現場では、髪とひげがぼうぼうに伸びたキャッスル(バーンサル)と、「デアデビル」の主要キャラクター、カレン・ペイジ(デボラ・アン・ウォール)のツーショットが目撃されている。

 なお、Netflixでは当初の予定通り、マーベルブランドのオリジナルドラマ「アイアン・フィスト(原題)」と「ディフェンダーズ(原題)」も17年に配信するという。