10月8〜9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「君の名は。」が3連休の土日2日間で動員51万3000人、興収7億万円を稼ぎ、7週連続首位を獲得した。これは2014年3月から公開され、最終興収255億円を記録した「アナと雪の女王」が、5週連続の後に1度「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」に首位を明け渡し、その後10週連続首位を記録して以来の7週連続となる。累計興収は145億6000円を突破したことから、200億円も視野に入ってきた。

 新作では、マット・デイモン主演の人気アクションサスペンスシリーズ第5作「ジェイソン・ボーン」が初登場2位にランクイン。10月7日から全国416スクリーンで公開され、土日2日間で動員24万6617人、興収3億4523万6800円を記録した。この成績は、最終興収16.5億円をあげた前作「ボーン・アルティメイタム」のオープニングを上回っており(106.2%)、シリーズ史上最高のスタートを切ったことになる。10日までの4日間では累計興収5億8560万7700円の成績。9年ぶりの新作を待ちわびたシリーズのファンに加え、若い映画ファンや女性層も取り込んでおり、20億円超えが期待できる出足となっている。

 3位には、「EXILE TRIBE」が展開するエンタテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の長編劇場版第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」が初登場。全国313スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員22万4000人、興収2億9800万円を稼ぎ、3日間では動員29万8639人、興収3億8785万5300円を記録するスタートを切った。2日間の成績は、今年7月から公開され興収20億円を突破した第1弾「HiGH&LOW THE MOVIE」の興収比62.2%となっている。公開初日は、舞台挨拶の模様が全国258スクリーンでライブビューイング上映され、都心部だけでなくローカルエリアのファンも数多く動員し、15億円以上が見込めるスタートとなった。

 「踊る大捜査線」シリーズの脚本家・君塚良一が監督した、中井貴一主演「グッドモーニングショー」は、全国279スクリーンで公開され初登場5位にランクイン。湊かなえの同名小説を本田翼と山本美月共演で映画化した「少女」は11位スタートとなった。