「AKB48」の渡辺麻友が10月12日、東京・お台場ヴィーナスフォートで行われた「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」のテーマソング披露イベントに出席。この日は、渡辺がテレビアニメ「魔法つかいプリキュア!」の第38話(10月23日放送)に、本人役で出演することが発表された。

 シリーズ第13作「魔法つかいプリキュア!」は、ナシマホウ界(人間の世界)と魔法界の少女が、手をつなぐことにより生まれる友情と奇跡をテーマに描く。渡辺が声を吹き込むマユは、ナシマホウ界のアイドルだが、実は魔法界出身の魔法使いという設定。幼少期から本シリーズを鑑賞していたそうで、「自分自身が登場ということで、『これは夢なんじゃないか』と思いました」と驚きつつも、「すごく美化して、とてもかわいらしく描いていただきました。オンエアを録画して、来世まで受け継ぐ永久保存版にします」と声を弾ませた。

 さらに渡辺は、キュアミラクル、キュアマジカル、キュアフェリーチェとともにテーマソング「正しい魔法の使い方」を生歌唱。初お披露目の緊張からか「歌詞が飛びそうになりました」と頭をかいたが、それでも「プリキュアのみんなが近くで支えてくれたので、楽しく歌えました」とほほ笑んだ。

 また、テーマソングを担当するあたり、「いつも『プリキュア』の曲をカラオケで歌うので、本当に嬉しかったです。この曲が自分のレパートリーに入ることが不思議ですが、私の人生のなかで自慢できます」と目を輝かせる渡辺。AKB48メンバーからの反応を「女の子はプリキュアを見て育つので、発表された次の日も、メンバーから『すごい』と。こんなに誇らしいことはないです」と明かし、印象深いシリーズ作品を「初代の『ふたりはプリキュア』が強く残っています。なぎさとほのかが戦っている姿が、強くて勇ましくてかわいくて、いつも応援していました」と話していた。

 「映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」は、主人公・朝日奈みらいの大切な存在であるクマのぬいぐるみ・モフルンが、伝説の「願いの石」の力でプリキュアに変身する物語が展開する。同時上映「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!」とともに、10月29日から公開。