人気ボーカルグループ「GReeeeN」の名曲「キセキ」の誕生秘話を描く映画「キセキ あの日のソビト」に「GReeeeN」役で出演する菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮が、「グリーンボーイズ」としてCDデビューを果たすことが決定した。リーダーのHIDE(ヒデ)を演じた菅田は、「決してうまくはないけれど、純粋に音楽を楽しみ、音楽を伝えていきたい、そんな思いのつまった僕らなりの音楽です」とアピールしている。

 横浜は、この決定に「この上なく幸せな気持ちです」と驚きを隠せない様子。成田は「本当に凄いことで、いまだ実感が湧かず戸惑っています」と本音を吐露しながらも、「声がコンプレックスで歌が苦手だと悩み続けていた先日までの僕に報告してあげたいです」と喜び、杉野は「みんなで一緒に、撮影中に培ったものを音楽という形で表現できる幸せに感謝しています」とコメントを寄せた。

 実際の「GReeeeN」のHIDEは、「驚いたとともにとても嬉しく思いました」と歓喜。「歌も聞かせて頂きましたが、僭越(せんえつ)ながら僕たちと同じ種類のエネルギーを感じざるをえません。少し恥ずかしくもなりましたが、とても魅力的に思いました!」と仕上がりに太鼓判を押している。

 「グリーンボーイズ」のプロデューサーは「GReeeeN」と同じくJINが務め、デビューシングル「グリーンボーイズ」には、カバー曲である「声」「道」「キセキ」の3曲が収録される。2017年1月24日のCD発売に先駆け、「キセキ」が11月9日にiTunesほか各種ダウンロードサイトで先行配信。また、17年1月7日に埼玉スーパーアリーナで開催される「GReeeeN」デビュー10周年記念ライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ』」に「グリーンボーイズ」がゲスト出演する。

 そしてこのほど、「GReeeeN」のデビュー当時の制作スタイルを再現した「道」のレコーディング風景を収めた本編映像が公開された。HIDEの兄でプロデューサーのJINの部屋に集まった4人が、スタジオを使わずクローゼットに入って熱唱する姿が確認でき、菅田、横浜、成田、杉野が歌声を披露している。

 「キセキ あの日のソビト」は、17年1月28日から全国で公開。