蒼井優の主演映画「アズミ・ハルコは行方不明」のWEB限定特報を、映画.comが独占入手した。蒼井扮するアラサーの主人公・安曇春子と、高畑充希演じる20歳のグラフィティアート集団の一員・木南愛菜にフィーチャーした2バージョンとなっている。

 山内マリコ氏が2013年に発表した同名小説の映画化で、「百万円と苦虫女」以来8年ぶりとなる蒼井の映画単独主演作。国道沿いの寂れた町から、独身OLの春子が姿を消したことをきっかけに、春子の捜索願のポスターをモチーフにしたグラフィティアートを拡散する若者や、男たちに暴行を加える女子高生集団などが出現。春子の失踪前と後の時間軸を交錯させ、現代社会に生きる女性の姿を描く。

 このほど公開された2つの映像で異なるのは、ミュージシャンの環ROYが手がけたポップでエレクトリカルな音楽と映像の終わり方。ハルコ篇は、名前を呼ばれて振り返った春子が穏やかにほほ笑んで終了し、アイナ篇は、狂ったように叫びながら道を疾走する愛菜の姿を映して終了する。年齢も生き方も違う2人の行く末が気になる仕上がりとなっている。

 「アズミ・ハルコは行方不明」は、12月3日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。