カルト的な人気を誇るミシェル・ゴンドリー監督、チャーリー・カウフマン脚本の2004年の映画「エターナル・サンシャイン」のテレビシリーズ化が企画されていることがわかった。

 「エターナル・サンシャイン」は、記憶除去手術を受けた元恋人同士のジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)の恋の行方を描くSFラブストーリー。本作でカウフマンがアカデミー賞脚本賞を受賞した。

 米ハリウッド・レポーターによれば、オリジナル映画版をプロデュースしたスティーブ・ゴリン率いる米アノニマス・コンテントがテレビリメイクを制作する。アノニマス・コンテントは近年、「トゥルー・ディテクティブ 二人の刑事」や「MR. ROBOT ミスター・ロボット」など、高い評価を獲得したテレビシリーズを手がけている。

 プロジェクトはまだ初期段階にあり、現時点ではゴンドリーとカウフマンのテレビシリーズへの関与は予定されていない。