小栗旬と大友啓史監督が初タッグを組んだ「ミュージアム」のジャパンプレミアが10月13日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、小栗扮する主人公の刑事・沢村久志が追う連続猟奇殺人鬼・カエル男を妻夫木聡が演じていることが発表された。雨を降らせる演出と緑色の照明で会場の雰囲気が一変し、大人数のカエル男の中から妻夫木が現れると、1200人の観客は驚きと歓喜の声をあげ、場内のボルテージは最高潮に。熱烈な歓迎を受けた妻夫木は「天気の悪いなか、ありがとうございます」と満面の笑顔で応えた。

 原作は、巴亮介氏の同名漫画。雨の日にだけ起こる猟奇殺人事件を担当する刑事・沢村が、犯人として浮上したカエルのマスクをかぶったシリアルキラー・カエル男の捜査を進めるなかで、絶望的な状況に追い詰められていくさまを描く。

 この日は小栗、大友監督、妻夫木のほか、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、松重豊が出席。「個性豊かな登場人物を演じた感想」を問われた小栗は、「撮影中はとてもしんどかったです。追い詰められていく役なので、切り替えが難しかった」と吐露。一方の妻夫木は、「原作の好きなキャラクター。まさかやらせていただけるとは思っていなかった。大友監督と色々話して、原作通りやるというよりも映画だからできるカエル男を目指そうと、いっぱい遊ばせていただきました」と役作りを明かす。そして「いっぱい特殊メイクをしているので、そういったところも楽しんでいただけるかなと」と期待を寄せた。

 ストーリーとかけて「最近起こった有罪なこと」をテーマにトークを繰り広げる場面では、尾野が「お化け屋敷の被り物が嫌い。追っかけられるとかも大っ嫌いなんですけど、カエル男はしてくるんですよ。その度に『帰りたい、帰りたい』って。だからブッキー……」と恨めしい表情で妻夫木にクレームを入れていた。

 一方、他のキャストは「雨が降っているシーンで、監督に『絶対に目を開けていてくれ』と言われたが、雨が降りすぎて息ができなくて、溺れるかもって思った」(小栗)、「監督に『体をめちゃくちゃ鍛えてくれ。部屋のなかでトレーニングするシーンも撮ろうと思う』と言われて、3、4カ月くらい週3でジムに通って現場に入ったら、そういうシーンはなかった」(妻夫木)、「宙吊りになっているシーンがあるんですけど。11階くらいの高さのところで撮影していたが、お昼休み以外の時間は吊るされていた」(野村)と一斉に大友監督を“告発”。大友監督は「僕が有罪でいいよ」としぶしぶ認めていた。

 「ミュージアム」は、11月12日から全国公開。