現代版ロビン・フッドの活躍を描くテレビドラマが、米CBSで制作されることがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、パイロット版は売れっ子監督のジャスティン・リン(「ワイルド・スピード」シリーズ、「スター・トレック BEYOND」)と、人気脚本家でプロデューサーのアレックス・カーツマン(「スター・トレック イントゥ・ダークネス」)が制作総指揮を務める。2人は、CBSのクライムドラマ「SCORPION/スコーピオン」でともに制作総指揮を手がけている。

 新ドラマは、ジェフ・マノー著「A Burglar's Guide to the City(原題)」を題材にした作品。現代のロビン・フッドを描くもので、つらい過去をもつ敏腕建築家率いるチームが、特殊なスキルを駆使してリッチな犯罪者たちのアジトに潜入し盗んだものを、不当に扱われている人々に還元していく。

 ドラマは「SCORPION/スコーピオン」のポール・グレロングが脚色を務め、制作総指揮に名を連ねる。リンは、パイロット版の監督も務める。