特撮ヒーローアクション「Mr.マックスマン」の続編「Bros.マックスマン」が10月14日、開催中の京都国際映画祭2016で上映され、主演の竜星涼、共演の内田理央、ケンコバことケンドーコバヤシ、増田哲英監督がイオンシネマ京都桂川での舞台挨拶に出席した。

 谷口正義(千葉雄大)の弟・谷口英雄(竜星)が、2代目マックスマンとして悪と戦う姿を描く。前作から続投した内田は、「前回は新人アナウンサー役でしたが、今回はヒロイン役に出世しました!」と胸を張る。すると人事部長役のケンコバは、「その年齢でそれだけの出世とは、アナウンス局長か大物司会者の愛人か?」と茶々を入れた。

 さらに内田は、「人事部長に『ちょっと、君』と呼ばれるシーンがあります」と説明。これにもケンコバは「あそこで『歯ブラシ持って来い』とか、アドリブ入れなくてよかったですよ」と際どいネタを放り込み客席を沸かせた。そして写真撮影時には、ケンコバが内田の頬に顔を近づけるひと幕も。察知した内田は「すごい近い!」と悲鳴をあげたものの、ケンコバは「触れていないから犯罪ではない」と言い張っていた。

 一方でケンコバは、「僕は前作も出演予定だったんですが、撮影前日に生まれて初めてインフルエンザにかかって出られなかった」と残念そうに告白。今回は「撮影前日に生まれて初めて急性胃腸炎にかかった」そうで、「(撮影を)1日待ってもらった。呪われている」と明かすと、キャスト陣は「現場がざわめいていましたもん。『ケンコバさん、今年も来ないんじゃねえか?』って」(竜星)、「来たくなさすぎて、嘘ついていたんじゃないですか?」(内田)と苦笑していた。

 また、MCから「アクションシーンではマックスマンのなかに、芸人が入っている」と暴露され、竜星は「そうですけど、それ言っちゃうんですね。さすが京都、すごいなあ!」と目を丸くする。ケンコバは「製作費の都合でね。桂文枝師匠が入っていたりしたんです。笑福亭仁鶴師匠、西川きよし師匠、吉本プロフィールの前3ページに載っている人がやったんですよね」とジョークを飛ばしていた。

 「Bros.マックスマン」の劇場公開については、増田監督は「来年春、もしかしたら前倒しも」と話していた。京都国際映画祭2016は、10月16日まで開催。