千原ジュニア主演の「劇場版 新・ミナミの帝王」が10月15日、開催中の京都国際映画祭2016で上映され、ジュニアをはじめ共演の大東駿介板尾創路、瑠東東一郎監督が京都・TOHOシネマズ二条での舞台挨拶に出席。この日は瑠東監督から、今作が2017年1月14日に、なんばパークスシネマ、新宿ピカデリーほかでの公開が決定したと発表された。

 竹内力主演で人気を博した「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズを、2010年にキャストを一新しドラマ化。今作は、初の劇場版にあたる。“ミナミの鬼”と呼ばれる金貸し・萬田銀次郎(ジュニア)と舎弟の坂上竜一(大東)が、倒産の危機に瀕した和菓子屋(板尾)を救うため奔走する姿を描いた。

 ジュニアは登壇するなり、「竹内力役の千原ジュニアです」と挨拶し場内を沸かせる。そして「かつての『ミナミの帝王』を見ていた方からすると違和感があるかなと思いますが、新しいものとして頑張りたいと思い、挨拶するために来ました」と語った。

 さらに板尾は、ジュニアとの共演を「恥ずかしいやら、楽しみでもあった」と振り返る。ジュニアも「25年くらい前、板尾さんの後ろについてミナミの街を闊歩していたんですよ。いわば師匠で、そこを舞台にした作品。共演NGを出そうと思いましたが(笑)、感慨深いですね」と冗談めかしながら同調し、「2人にしかわからない恥ずかしさもある。次回、もし映画版があるなら(千原)せいじとほんこんさんでやってほしい」と話した。

 最後に、ジュニアは「題材は誰の身の回りに起こってもおかしくないような、SNSなどがいろいろ絡んでいます。ぜひ楽しんでください」と客席にアピール。瑠東監督も「今回のテーマはインターネットを使っています。若い人たちにも真実味があるので、楽しんでほしい」と述べた。京都国際映画祭2016は、10月16日まで開催。