奥浩哉氏の人気漫画をフル3DCGでアニメーション映画化した「GANTZ:O」と、YAMAHAのコラボレーションが実現し、作中に登場するガンツバイク風にデザインされたバイク「TRICITY(トリシティ)125」が完成した。横浜ブルク13の劇場ロビーに10月22日まで展示中で、OSシネマズミント神戸でも10月31日まで展示される。

 あわせて、今回のコラボを記念したポスタービジュアルも公開。バイクの後ろに主人公の加藤勝とヒロインの山咲杏が並び立ち、ガンツロボのシルエットが浮かんでいる。また、クイズ回答者の中から1人に、TRICITY125が当たるプレゼントキャンペーンも実施している。

 原作漫画「GANTZ」は、死んだはずの人間たちが謎の黒い球体「GANTZ(ガンツ)」に召喚され、「星人」と呼ばれる存在との死闘を強いられるSFアクションコミック。「GANTZ:O」は、主人公・玄野計が死亡した世界を舞台に、玄野の幼なじみ・加藤勝を新たな主人公に据えた人気エピソード「大阪編」のアニメ化で、東京&大阪のガンツチームと妖怪軍団との戦いを描く。10月14日から全国公開。