「ハリー・ポッター」の原作者J・K・ローリングが脚本を手がけ、オスカー俳優エディ・レッドメインが主演した新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のファンイベントが10月13日(現地時間)、英ロンドンと米ロサンゼルスで行われ、キャスト陣とプロデューサーのデビッド・ハイマン、デビッド・イェーツ監督らが各会場に登壇した。

 ロンドンの会場には、主人公の魔法動物学者ニュート・スキャマンダー役のレッドメイン、ニュートと行動を共にする魔法使いの姉妹ポーペンチナとクイニーを演じたキャサリン・ウォーターストンとアリソン・スドル、魔力を持たない人間(ノー・マジ。過去作のマグルと同義)ジェイコブ役のダン・フォグラー、イェーツ監督、ハイマンが登場。ロサンゼルスの会場にはアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の長官グレイブスに扮したコリン・ファレルとノー・マジのショウを演じたジョン・ボイトが現れ、ファンの熱い声援を浴びた。

 会場には、ニュートをはじめとするキャラクターの衣装に身を包んだ熱烈なファンが多く見られ、中には本作に登場する魔法動物ボウトラックルの模型を肩に乗せて参加する猛者の姿も。イベントの模様はロンドンとロサンゼルスだけでなく、物語の舞台であるニューヨークや、ブラジル・サンパウロ、メキシコ・メキシコシティ、イタリア・ローマでもライブ配信され、世界中のファンが熱狂したという。

 「劇場にニュート・スキャマンダーのコスプレをした人が大勢いるので、とても興奮しているんだ」と喜びを爆発させたレッドメインは「僕が1番気に入っているのは、ニュートがとても情熱的な男だということだ。彼は、魔法動物に対して情熱的な思いを抱いている。僕もまた、何かに集中しているとそればかりに夢中になってしまうんだ」と役との共通点を明かす。一方、スドルは「クイニーは他人の心を読むことができるから、その人の人となりや、どんなことを経験してきたかが見えるの」、ファレルは「グレイブスの正義、不正への思いは尊敬するよ。彼はとても一途で、それ(正義)に向かって一直線だ。そして杖さばきも十分うまいね」とそれぞれにキャラクターを解説した。

 また、ロンドンの会場にはローリングがサプライズで登場し、観客の熱は一層ヒートアップ。「とても興奮しているし、信じられないわ。まるで昔のようね。時をさかのぼっていったような感じですばらしいわ」と感慨深げに語ったローリングは「まだいろいろ言えないけれど、脚本を書くことはすばらしい経験で、大好きよ。だから、次の作品、さらに次の作品という風に書き続けるの」と最低でも3部作という本作のシリーズ化に意欲を燃やした。

 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、1926年、渡米したニュートの魔法のトランクから魔法動物が多数脱走し、魔法界と人間界を巻き込んだ大騒動に発展するさまを描く。11月23日から全国公開。