DCコミックのヒロイン「ワンダーウーマン」の生みの親である、原作者ウィリアム・モールトン・マーストンを描く伝記映画「Professor Marston & The Wonder Women(原題)」に、ルーク・エバンスが主演することがわかった。

 ハーバード大卒の心理学者でウソ発見器の発明家であるマーストンは、1941年に「ワンダーウーマン」を発表した。ワンダーウーマンのモデルとなったのは、マーストンの妻で心理学者のエリザベス・ホロウェイと、マーストンの教え子で夫妻と愛人関係にあったオリーブ・バーン。常識に縛られないこの2人の女性とマーストンは、同じ屋根の下で密かに共同生活を送っていたという。映画ではエリザベス役をレベッカ・ホール、オリーブ役をベラ・ヒースコート(「高慢と偏見とゾンビ」)が演じる。

 米ハリウッド・レポーターによれば、先ごろソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズが本作の世界配給権を獲得。アンジェラ・ロビンソンが監督・脚本を務め、すでに撮影がスタートしている。

 エバンスは、英作家ポーラ・ホーキンズのベストセラー小説を映画化した新作ミステリー「ガール・オン・ザ・トレイン」(エミリー・ブラント主演)が先週全米で封切られ、週末興収ランキングでトップデビューを飾った。同作は11月18日から日本公開。