みきもと凜氏の人気漫画を中川大志と飯豊まりえの共演で実写映画化する「きょうのキラ君」の予告編と、“運命の赤い糸”で結ばれた中川と飯豊の姿を切り取った本ポスター画像が公開された。

 映画は、高校生の不器用な恋模様と、かけがえのない365日を描く。他人と関わることが苦手な女子高生・岡村ニノン(通称・ニノ)は、思いを寄せるクラスの人気者・吉良ゆいじ(通称・キラ)の“重大な秘密”を知ってしまったことを機に、キラを笑顔にしようと奮闘する。

 このほど公開された予告編の前半では、キラ(中川)がニノ(飯豊)を「スゲーじゃん、お前」と至近距離でほめたり、授業中に「ここ、空いてるぞ」と隣の席に誘ったりと胸キュン必至のシーンが連発される。しかし後半では、キラが病に冒されているという秘密が明らかになるほか、2人が泣き叫ぶ場面も映し出され、一筋縄ではいかない恋模様が気になる仕上がりとなっている。

 また、映像内で[Alexandros]が歌う主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」がお披露目され、キラとニノの瑞々しくも切ない恋物語を盛り上げている。

 「きょうのキラ君」は、「L・DK」「海月姫」などの川村泰祐監督がメガホンをとる。2017年2月25日から全国で公開。