「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のディレクターズカット版「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」を、「ガンダム」シリーズ初となる4K(ブルーレイの4倍の高解像度)&HDR(ハイダイナミックレンジ)というハイクオリティ映像で収録した「ULTRA HD Blu-ray」が、12月22日にリリースされることが決定した。

 同作は「ビッグコミックスペリオール」(小学館刊)で連載されている漫画原作のアニメ化。「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争を背景に、ジオン公国軍のリビング・デッド師団に所属するダリル・ローレンツと、地球連邦軍ムーア同胞団のイオ・フレミングが繰り広げる宿命の戦いを描く。

 「ULTRA HD Blu-ray」版には、およそ70分の本編映像に加え、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」「機動戦士ガンダムUC」「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」の4作品の一部をテスト的に4KHDR化したトライアル映像が、約3分の映像特典「ガンダムシリーズ4KHDR トライアルフィルム」として収録される。価格は8000円(税抜き)。なお、視聴には「ULTRA HD Blu-ray」に対応した専用プレイヤー(再生環境)が必要となる。