Facebookのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が開発中の人工知能アシスタントの声を、ロバート・ダウニー・Jr.が担当する可能性が出てきた。

 ザッカーバーグ氏は、年始に2016年の目標のひとつとして人工知能アシスタントの開発を、自身のFacebookで挙げていた。音声コマンドを通じて自宅で照明や室温、音楽などをコントロールするシステムで、「アイアンマン」シリーズで主人公のトニー・スターク(ダウニー・Jr.)をサポートするジャービス(声はポール・ベタニー)を目指すと述べていた。

 その後も開発は順調に進んでいるようで、ザッカーバーグ氏はこのほど、「AIジャービスに声を与えたいと思う。誰に頼むべきだと思う?」とFacebookに投稿。すると、アイアンマンで知られるダウニー・Jr.本人が「ためらわずにやるよ」と返信。ただし、「もし、ポール・ベタニーにギャラが支払われ、彼がカンバーバッチの選ぶチャリティに寄付をするならば」という変わった条件をつけている。

 これは、ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル最新作「ドクター・ストレンジ」の宣伝を兼ねたコメントで、「これって、良い意味でストレンジじゃない?」と綴っている。冗談とはいえ、ダウニー・Jr.が興味を示したことで、ザッカーバーグ氏が興奮したのは事実のようで「突然、すごいことになった」とコメントしている。