「オデッセイ」のケイト・マーラ主演でイラク戦争の英雄メガン・リーベイ伍長と軍犬の絆を描いた真実の物語「Megan Leavey」が、6月9日(現地時間)に全米公開されることを米Deadlineなどが報じている。

 米海軍のK9爆発物探知チームのメンバーであるリーベイと爆発物探知犬のレックスは、2回のイラク出征を経験し、100以上のミッションを成功させ、多くの命を救った。2006年、レックスとともに爆発に巻き込まれて怪我を負ったリーベイは、名誉戦傷章を受章して海軍を去るが、体が麻痺したレックスは安楽死が予定されていた。

 その後、リーベイは軍に激しく抵抗し、5年後にレックスを引き取ることに成功。12年にレックスが11歳で死去するまでともに過ごした。ドキュメンタリー映画「Blackfish(原題)」のガブリエラ・カウパースウェイトがメガホンをとる。

 プロデューサーのミッキー・リデルは、題材となったリーベイとレックスについて「5年前に初めてメガン・リーベイに会ったとき、彼女の勇気と国への奉仕に驚きました。彼女とレックスの心のつながりは、スクリーンでは見たことのない英雄的な物語で、彼女の感動的な旅路を(映画として)世の中に共有しなければと思いました」と魅力を語っている。

 イーディ・ファルコ、ラモン・ロドリゲス、ブラッドリー・ウィットフォード、歌手で俳優のコモンらが共演。「ミュージック・オブ・ハート」の脚本を務めたパメラ・グレイ、女優で脚本家のアニー・マモロ、マモロの夫で俳優・脚本家のティム・ラブステッドが共同で脚本を担当した。