ベビーと一緒のお出かけは、食事におもちゃにオムツにタオル……と持ち物が多く、バッグの中も雑然となりがち。そこで使えるのが、「ジップロック」。コンテナタイプやジッパーが付いたバッグタイプなど、キッチンでおなじみのブランドだが、これが他のシーンでも大活躍するのだ。実際に「ジップロック」のヘビーユーザーだというファッションブランド『AMIW』のディレクター、二ノ宮和佳子さんにその活用術を伺った。

お子さんと外に出かけるときも「ジップロック」が一緒

モデルからスタートし、自身のファッションブランド『AMIW』を立ち上げ、ディレクターを務める二ノ宮和佳子さんは、昨年10月に第一子となる瑛人くんを出産。産休を経た後、仕事に完全復帰し、育児と両立する多忙な毎日を送っているが、お外が大好きな瑛人くんとのお出かけは欠かせない。

「いろいろなバリエーションがあるので用途により使い分けています。食品の保存だけでなく、身の回りの整理・整とんにも役立ちますね。以前より使い方の幅が広がりました」

スマートなママは、お出かけバッグの中も美しい。さっそく、その活用テクニックを拝見!

お着替え後の洋服は大き目サイズでお持ち帰り

1200_vol1_clothing1

お出かけには持参する着替え用の服。二ノ宮さんは、ジッパーが便利なバッグタイプのジップロックに入れて持っていくという。薄くコンパクトになる上、砂や泥で汚れたものを持って帰る際にも重宝する。独身時代から旅行時のパッキングに活用していたそうだ。

離乳食はコンテナーとフリーザーバッグのW使い

1200_vol1_food1

手作りの離乳食はコンテナータイプに移し替えて保存。気温が高い時期は、そのコンテナータイプのジップロックを保冷剤と一緒に冷凍に適したフリーザーバッグに入れれば、安心だ。コンテナーはサイズも豊富なので、少量の離乳食でも持ち運びに便利で重宝するという。

口に入れがちなおもちゃはバッグタイプに入れて安心&安全

1200_vol1_play1

ベビーの手に合わせた小さなおもちゃも、二ノ宮さんはジップロックに入れてしまう。すぐ口に入れてしまうものだけに、消毒したら1袋にまとめておけば、衛生的に持ち運べるのだ。

二ノ宮さんの整理術は、どれもすぐに実践できる手軽なものばかり! さっそく真似して、毎日の暮らしに取り入れたい。

(ヨシザワ)