東京メトロ各駅で配布中のフリーペーパー『東京トレンドランキング』10月号で紹介中の、池袋エリア特集をお届け! 秋葉原に匹敵するサブカルの聖地、池袋。ゲームが大好きで、携帯ゲームの情報を発信するWEB番組に出演する、人気モデルのみきにゃんこと早川実季さんが、池袋のサブカルスポットをご案内。ハマったら抜けだせない魅力を探しに行ってみましょう!

アニメショップが軒を連ねる『乙女ロード』からスタート!


乙女ロード

▲『乙女ロード』は、サンシャイン60 の西側にあり、アニメやマンガ関連ショップが並ぶ約200mの通り。


池袋が“サブカルの聖地”と呼ばれる理由でもある『乙女ロード』から出発。通りの店には圧倒的に女性客が多く、サブカル初心者の女子にも親しみやすいのが魅力。アニメやコスプレ専門店、執事喫茶や男装喫茶と多彩なお店が集い、観光気分で楽しめます♪


乙女ロード
池袋東口、サンシャイン60の西側



『執事喫茶 Swallowtail』で“お嬢さま”を体験


執事喫茶Swallowtail

▲乙女ロードにある、完全予約制の執事喫茶。サブカル女子に大人気!


『執事喫茶 Swallowtail』は、英国調のインテリアや洗練されたおもてなし、厳選の紅茶や目にも美しいスイーツにより、憧れのお嬢さまを体験できるスポット。入り口から執事がお出迎えしてくれます。また紅茶を頼むと、ティーカップを執事が選んでくれ、どれも格式あるブランドでついつい目移り!



執事喫茶Swallowtail

▲アフタヌーンティセット「アンナマリア」3,300 円。



執事喫茶 Swallowtail
豊島区東池袋3-12-12 正和ビルB1F
⇒スポットの詳細はこちら





『だるまや』で、約10万点から宝探し気分でレコードをセレクト


だるまや

▲その膨大な数に、音楽好きでなくてもワクワク!


ジャズやロックにJ ポップまで、ジャンルの垣根なく集められた中古レコードやCD が約10 万点もそろう『だるまや』。掘り出し物を求めて音楽好きが足繁く通うディープな空間です。ジャケットのおしゃれさで選ぶのも楽しいですよ♪



だるまや

▲イギリスのサイケユニット「HIGAMOS HOGAMOS」の1枚も中古ならではの311円。



だるまや
豊島区東池袋1-36-5 笹屋ビル2F
tel:03-5992-7385
⇒スポットの詳細はこちら





『スーパーポテト池袋ゲーム横丁』で大好きなゲームをチェック&プレイ!


スーパーポテト池袋ゲーム横丁

▲ゲームを実際に試せるのがうれしい! 製造終了のレアなゲーム機もプレイできます。


レトロから最新ゲームまで、日本のゲーム史を凝縮したような中古ショップ『スーパーポテト池袋ゲーム横丁』。世界的に人気だったファミコンソフトなど、子どもの頃に夢中になった一作との再会に、きっと心が躍るはず!



スーパーポテト池袋ゲーム横丁

▲「スーパーマリオコレクション」(右)、「スマッシュブラザーズ」(左)ともに2,678円。



スーパーポテト池袋ゲーム横丁
豊島区東池袋1-23-13 岡村ビル2F
tel:03-6912-5378
⇒スポットの詳細はこちら





3次元で楽しむ「ニコニコ動画」の世界を体験できる『ニコニコ本社』へ


ニコニコ本社

▲動画から生まれたグッズがそろうショップの一押しは「ニコニコテレビちゃん」グッズ!


“ニコ動”の魅力を体験できるスポット『ニコニコ本社』。放送中の配信者にネット上からメニューを差し入れできるバーカウンターや、生放送をリアルで見られるスタジオ、カフェ、グッズショップなど、ここならではの体験が待っています。



ニコニコ本社

▲施設内のカフェでも使用される「nicocafeマグカップ」800円。



ニコニコ本社
豊島区東池袋1-50-35 池袋P'PARCO B1F・B2F
tel:03-3988-2525
⇒スポットの詳細はこちら





『chocoholic 池袋東武店』で“Kawaii”スイーツをゲット


chocoholic 池袋東武店

▲雑貨ブランド「SWIMMER」の姉妹ブランド。乙女ゴコロをわしづかみにするスイーツがたくさん♥


スイーツで表現する“Kawaii ”キャラクターも日本が誇るカルチャー。『chocoholic 池袋東武店』では、アニマルモチーフのケーキやマカロンを始め、食べるのがもったいないほど愛くるしいスイーツがずらり!



chocoholic 池袋東武店

▲「バニラ苺うさぎ」604円(右)、「キャットピッチャー」842 円(左)。



chocoholic 池袋東武店
豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅構内B1F 北改札口脇
tel:03-5985-0338
⇒スポットの詳細はこちら





ツウが通う老舗の名画座『新文芸坐』で映画鑑賞


新文芸坐

▲2本立ては1,300円、ラスト1本のみなら850 円。お財布にやさしく、隠れた名作に出合えます。


『新文芸坐』は、主に旧作映画を 2本立てで上映する“名画座”スタイル。上映ごとに入れ替え制が主流の今、1回の入場で2本の映画を続けて鑑賞できるレアな映画館です。



新文芸坐

▲国やジャンルを問わず名作を続々上映。



新文芸坐
豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
tel:03-3971-9422
⇒スポットの詳細はこちら





充実のサブカルスポット巡りに大満足でゴール!


新文芸坐

▲池袋一帯にサブカル好きの心をくすぐるスポットが点在していて、じっくり歩くとすごく楽しい!


多種多様なサブカルチャーに触れ、その余韻に浸りながら帰路へ。こんなにもユニークで楽しい場所があったなんて!と、新たに知る池袋の魅力にハマってしまうはず♪






早川実季さん

みきにゃんの愛称で親しまれている人気モデル。さまざまな雑誌に登場するだけでなく、CMでも活躍中。ゲームやアニメをこよなく愛し、人気携帯ゲームの最新情報を発信するWEB番組では、アシスタントを務めるほどのサブカル女子。


※2016年9月26日時点の情報です。情報、内容等は変更になる場合があります。