毎年10月19日、20日に開催され、、大勢の観光客でにぎわう「日本橋べったら市」。その始まりは江戸時代までさかのぼり、日本橋本町にある宝田恵比寿神社の門前で行われる“えびす講”で浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから「べったら市」と呼ばれるようになったそう。今では約500件もの露店が軒を連ねます。そんな由緒ある「べったら市」と合わせて、江戸の粋を感じられる街・日本橋で和を訪ねてみては?

べったら市でしか買えない!江戸の粋を感じるべったら漬けは食べると運気UP!?


東京にいたか屋

▲東京にいたか屋のべったら漬けが日本橋で買えるのはべったら市の日限定!



べったら漬けとは、飴と粕(かす)で漬けた大根を、浅漬けと称して売り始めたのが始まり。独特の香りと味わいで、第15代将軍徳川慶喜公も好んで食べたという、東京生まれの漬物なのです。

そして江戸時代から続くべったら漬けが主役の「日本橋べったら市」でも、覚えておきたいのが「東京にいたか屋」。第2次世界大戦で一時中断した「日本橋ベったら市」の再興に尽力した立役者であり、手間暇をかけて作られた伝統ある江戸風味を今も受け継ぐ、べったら漬けの名店です。

実は日本橋には本社しかないため、普段は「東京にいたか屋」のべったら漬けを日本橋で買うことはできないのですが、べったら市では中心的存在。名物である威勢のいいかけ声を耳にしたら、この日しか買えないべったら漬けを味わってみて!



東京にいたか屋

▲厳選した国産の良質大根をじっくり低温熟成させ、風味の高い爽やかな甘さに仕上げたべったら漬け。100グラム300円(べったら漬け1本で1,500〜2,000円程度)。



べったら漬けは「運がべったり付く」と、縁起の良い言われもあるそう。この秋はぜひ、べったら市で伝統の味を手に入れて、運を味方につけてみてはいかが?



東京にいたか屋

▲賑わいを見せる、去年のべったら市の様子。毎年10月の19日、20日に開催。



日本橋恵比寿講べったら市
開催日:10月19日(水)〜20日(木)
開催場所:宝田恵比寿神社周辺、日本橋本町三丁目、大伝馬町一之部町会、堀留一丁目
最寄り駅:新日本橋 / 小伝馬町 / 三越前

東京にいたか屋
電話:03-5614-9090


手ぶらで着物での日本橋散策が楽しめる!和のコンシェルジュ「新日屋」


新日屋



江戸時代、庶民の娯楽だった歌舞伎に行くときは、舞台を楽しむのはもちろん、その日の着物や食事も含めてトータルで楽しむものだったそう。

そして、歌舞伎を見に行く人々のために、座席の確保から弁当の手配まで一手に引き受け、芝居見物の1日をプロデュースしていたのが“芝居茶屋”という存在。

「新日屋」は、現代の芝居茶屋として、江戸の文化が今も残る日本橋で、日本の伝統芸能を活用した様々な企画を行っている会社です。



新日屋

▲着物の選び方や合わせる帯などはプロがアドバイスしてくれるので、初心者も安心。履物もレンタルできます。



おすすめは、日本橋の橋楽亭(コレド室町3F)で行われている着物のレンタル&着付け。着付け後は荷物も預かってくれるので、そのまま街に繰り出すことができます。かわいらしい柄だけでなく、オトナ女子に似合う着物も多数用意されているのもうれしいポイント。

今も着物の似合う街・日本橋で、気軽に着物散歩を楽しむことができる、おすすめのサービスです。



新日屋

▲気に入った着物と帯を選んだら、さっそく着付け開始。着付けの時間は約20分程度。



新日屋では、着物のレンタル&着付けのほか、芸者遊び体験などもできるコースも用意されており、外国人観光客からも注目を集めているそう。もちろん日本人もOKなのでぜひ参加してみては。


新日屋

▲憧れのお座敷遊びを気軽に体験できる「芸者遊び体験」。





新日屋 着物レンタル&着付け@橋楽亭
住所:東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3 3F
TEL:03-5652-5403 ※新日屋にて要予約
営業:毎週木・土曜日(予約制)
着付け:10:30〜15:30、着替え・返却:18:00まで※木曜日は16:00返却
料金:5,500円

和紙を使った雑貨が人気の老舗「榛原(はいばら)」で、伝統とセンスに感嘆!


榛原



「榛原」は、創業200年という歴史のある和紙小間物店。江戸時代に売り出した雁皮紙は、筆当りがよく文字がきれいに描けると粋を好んだ江戸町人の間で大評判になったそう。明治時代には和紙を海外に輸出し、日本の美を西洋諸国に広めたことでも有名です。



榛原

▲シックな黒の外観から一転、まさに和モダンな店内。



現在は、日本各地の良質な和紙や、榛原で守ってきたオリジナルの文様を用いた和小物、便箋・封筒など商品も様々。また、江戸から大正にかけてのオリジナル図版を現代風にアレンジすることにも力を入れています。レトロモダンなデザインの一筆線は、ささやかなお礼の品に添えたりと、オトナ女子なら日常的に取り入れたいもの。



榛原

▲竹久夢二が榛原のためにデザインした図案を一筆箋として復刻した「竹久夢二一筆箋」。(各540円)




榛原

▲榛原のオリジナル図案を復刻したポチ袋。鶴や招き猫など、江戸の粋を伝えるデザイン。(各3枚入り/540円)



榛原千代紙を表紙にあしらったノートブック(1,512円)や、オリジナルの伝統文様を落とし込んだマスキングテープ(430円〜)など、ステーショナリーも充実。女友達へのちょっとしたプレゼントを探すのにも最適です。



榛原(はいばら)
住所:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
TEL:03-3272-3801
営業時間:平日10:00〜18:30、土日10:00〜17:30
定休日:祝日、年末年始、お盆

和モダンな「日本橋とやま館」のバーラウンジで富山の地酒を味わう


日本橋とやま館

▲白木作りのカウンターや棚など、和モダンなラウンジ。大人っぽい雰囲気なので、着物で訪れても素敵。



今年6月にオープンしたばかりの「日本橋とやま館」は、富山の上質なライフスタイルの提供をコンセプトに展開する富山県のアンテナショップ。そのショップ内にあるのが、バーラウンジ「トヤマバー」。日本屈指の名水の里として知られる富山で造られた地酒の飲み比べや、富山の名産を生かしたおつまみなどを楽しめます。



日本橋とやま館

▲富山の銘酒の飲み比べ(3種類×30ml)は700円。日本酒はグラス/90mlで600円〜用意。



バー以外にも、富山の名産品を扱うショップや和食レストラン、観光交流サロンやイベントスペースなど多方面から富山の魅力をあますとこなく展開。



日本橋とやま館

▲富山県内の17の蔵元から集めた地酒。おつまみは富山名産のほたるいかやカタクチイワシなど。




日本橋とやま館



べったら市は19日、20日とも12:00から21:00まで行われているので、その前に軽く飲んでいくのもいいですね!



日本橋とやま館
住所:東京都中央区日本橋室町1−2−6 日本橋大栄ビル1F
TEL:03-6262-2723(代表)
営業:ショップフロア10:30〜19:30、和食レストラン11:30〜14:30/17:00〜22:30(日祝〜21:00)、バーラウンジ11:00〜21:00
定休日:不定休

<まとめ>

歴史を物語る古い街並みと、新しい魅力が交錯するエリア・日本橋。街を歩いているだけで、重要文化財に巡り合えるのも魅力の一つです。

今年もべったら市は10月19(水)、20日(木)に開催予定。19日には、御神輿も出て盛り上がりを見せます。トレンドのスポットを追うのにも飽きてきたオトナ女子は、ぜひこの機会に江戸の粋を集めた日本橋に足を運んでみては。




取材・文/佐藤玲美

※メニュー、価格、サービス内容は2016年10月13日時点の情報です