銀座には、お一人様の女子がゆったりくつろげる素敵なカフェがたくさん♪ 平日の仕事帰りに美味しいコーヒーや紅茶を飲みながら一日を振り返ったり、休日にのんびり朝食やランチを楽しんだり、オトナ女子の一人時間を優雅に過ごせるお店ばかり。その中でも、シーンに合わせて隠れ家的に使えるカフェをピックアップしてご紹介します!

“メロンパンケーキ”も人気!創業50年を超える穴場の老舗カフェ「カフェ ブリッヂ」



▲98席もある広い店内なので、時間を気にせずにゆっくりと過ごすことができそう。


有楽町マリオン時計台のそばで、創業から50年以上の歴史を持つ老舗喫茶店「カフェ ブリッヂ」。

作家の向田邦子も通ったというカフェは、一人読書にふけるのにぴったりの空間です。




▲「メロンパンケーキ」(1,000円/ドリンクセット1,550円)は、メロンクリームの下にパンケーキが!


フードはパスタやサンドイッチといった喫茶店ではおなじみのメニューのほか、「メロンパンケーキ」など7種類もそろう自家製パンケーキやフレンチトーストなどのスイーツも豊富なのがうれしい♪

どこか懐かしい昔ながらの佇まいの店内で、ノスタルジックな気分に浸ってみては?


カフェ ブリッヂ
住所:東京都中央区銀座4-1
TEL:03-3566-4081
営業時間:月〜土11:00〜21:00 (LO 20:30) 、日祝11:00〜20:00(LO 19:30)
定休日:西銀座(旧西銀座デパート)に準ずる
最寄り駅:銀座、有楽町

気分はまるでお嬢様!?非日常的なエレガント空間で充実のひとときを/Royal Crystal CAFE



▲きらびやかなシャンデリアや鮮やかなカサブランカの花など豪華な装飾にうっとり♡


銀座の並木通りに面したガラス扉を開け、階段を降りると現れるのが「Royal Crystal CAFE(ロイヤル クリスタル カフェ)」。

シャガールなど20世紀を代表する画家による絵画や、高級クリスタルブランド・ラリックのテーブル、豪華なシャンデリア…など、豪華な調度品が設えられた優雅でエレガントな空間は、さながら知る人ぞ知る高級サロンのよう。




▲サイフォン式のコーヒーのほか、マリアージュ・フレールの紅茶なども選べる「アフタヌーンティーセット」(2,800円)。


こちらに訪れたら頼んでおきたいのが、ハワイの農園で収穫された豆を使った、サイフォン式のスペシャルコーヒー。高級豆としても知られるハワイコナ(1杯1,700円)など香り高い一杯を、コレクションのアンティークカップで味わう時間は至福のひととき♡

11時〜14時のランチタイムには、国産和牛をじっくり6時間も煮込んだ「ビーフシチュー」(2,300円)などの本格派メニューも楽しめるので、休日にちょっと贅沢気分を味わいたいとき、ぜひ訪れてみて。


Royal Crystal CAFE(ロイヤル クリスタル カフェ)
住所:東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタルB1F
TEL:03-3569-1188
営業時間:11:00〜21:00(LO 20:30)※ランチ11:00〜14:00
定休日:不定休
最寄り駅:銀座

心と体をフル充電!リラックスできる癒しのひととき/銀座2丁目ミタスカフェ



▲木のぬくもりにあふれた店内は居心地のいい雰囲気。


銀座2丁目の路地を入った場所にひっそりと店を構える「銀座2丁目ミタスカフェ」。

心と体を“満たす”をコンセプトにした落ち着いたムードの店内では、いろんなお店を知り尽くすオトナ女子のおメガネにかなう上質なメニューが楽しめます♡




▲赤い千日紅と、白いジャスミンの花が舞う「心心相印」は見ているだけで思わずうっとり。


フードメニューは、板前経験のあるシェフが手がけるヘルシーな料理を提供。また、ジャスミンの香りと緑茶の味わいがリラックス効果を生む「心心相印」(780円)は、湯の中でゆっくり開いていく茶葉と花を見ているだけで心が癒されるはず。

ゆったりくつろげる空間でこだわりのメニューを楽しみながら、心身をチャージしてみては?




銀座2丁目ミタスカフェ
住所:東京都中央区銀座2-10-8 マニエラ銀座ビル1F
TEL:03-6278-7657
営業時間:月〜土11:00〜23:00(フードLO 22:00、ドリンクLO 22:30)、日祝11:00〜18:00(フードLO 16:00、ドリンクLO 17:30)
定休日:年末年始
最寄り駅:銀座一丁目、銀座、東銀座


東銀座のカフェでヘルスコンシャスな休日を/cafe 634



▲スッキリとしたシンプルな内装と高さのある天井が心地のよさのヒミツ。


大きな窓から陽の光がたっぷり差し込む、開放感いっぱいの「cafe 634(カフェ ムサシ)」。

東銀座の一角にひっそりと位置しているこちらのカフェは、休日を一人でゆっくりヘルスコンシャスに過ごしたい女子にぴったり。




▲「カフェラテ」(530円)。バリスタが丁寧に抽出する一杯は、ラテアートもちょっぴりうれしい♡


朝は9時から11時30分まで、「角食トースト with チーズ」(300円)やモーニングプレス(250円)などのモーニングメニューを提供。

お昼は主菜や副菜、スープ、ご飯などが付く栄養バランスもとれたランチセットが11時30分〜17時30分までランチを楽しめるなど、幅広いシーンで利用できるのも、休日もせわしない女子にはうれしいかぎり。

都会の喧騒を忘れてしまいそうになる気持ちのよい空間で、のんびり物思いにふけてみるのもいいかも。


cafe 634(カフェ ムサシ)
住所:東京都中央区銀座3-12-7
TEL:03-3248-0560
営業時間:月〜金9:00〜18:30(LO 18:00)、土11:30〜17:30(LO 17:00)
定休日:日祝
最寄り駅:東銀座


野菜たっぷりのメニューやおしゃれな内装が女子好み間違いなし♡/SUZU CAFE 銀座



▲木をふんだんに使ったシックなイメージの店内。キャンドル風のシャンデリアもかわいい♡


銀座一丁目から徒歩1分の位置に立つ、銀座トレシャスビル6階に店を構える「SUZU CAFE(スズ カフェ)銀座」。

一つ一つ形や色の違うこだわりのチェアやソファが並ぶオシャレな店内に、インテリアにこだわりのある女子も思わず心を奪われます♪




▲写真右上から左へ、「自家製ジンジャエール」(680円)、「オオカミの桃」(650円)、「ひばり」(680円)。写真右下から左へ、「キグマ」(650円)、「コーディアルソーダ」(700円)、「自家製はちみつレモンソーダ」(750円)。


昼は野菜をたっぷり摂れるランチやデザートで、夜もフレンチをベースにした本格的なメニューが楽しめます。

ドリンクはどれにしようか思わず迷ってしまうほど種類も豊富で、どれも自家製というこだわりよう! ほかでは味わえないドリンクの数々は、女子なら心弾むはず。

一人の時間を自由に使えるオトナ女子なら、体にやさしいメニューが楽しめて使い勝手も抜群のカフェを、ぜひおでかけの選択肢に入れてみて。


SUZU CAFE(スズ カフェ) 銀座
住所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス6F
TEL:03-6228-6090
営業時間:11:00〜24:00(LO 22:45)
定休日:不定休
最寄り駅:銀座一丁目、銀座

<まとめ>

毎日、恋に仕事に忙しいオトナ女子も、たまには一人でゆっくり充電したいもの。仕事帰りや休日などいろんなシーンで使える銀座のカフェを、自分だけのとっておきの隠れ家にしてみては?



取材・文/倉山恭史

※メニュー、価格、サービス内容は2016年10月16日時点の情報です。