画像:CHINESE青菜・中島シェフ×アメリカ 「鱈のカオパオスライダー」

「東京味わいフェスタ2016(Taste of Tokyo)」が、10月7日から10月9日まで、丸の内、有楽町、日比谷の各エリアで開催される

丸の内エリアには、一流シェフが東京産食材でつくった限定メニューを販売するキッチンカーが登場する。各国大使館の協力を経て、さまざまな国の伝統的な食文化を楽しめるそう。

あわせて行幸通りでは、都内で生産された野菜や果物、希少な“東京牛乳”および“東京うこっけい卵”、その加工品などが販売される。

有楽町エリア(東京国際フォーラム地上広場)では、日本各地のご当地グルメ、スイーツ、各地の特産品が購入できる。

さらに日比谷エリア(日比谷公園草地広場/8日と9日のみ)には、近くの飲食店などがテントやキッチンカーで出店、東京産食材を使った料理が提供されるとのこと。

詳細はイベントの公式ページから確認できる。