スタバに新ブランド『TEAVANA(ティバーナ)』

スターバックス コーヒーから、ティービバレッジの新ブランド『TEAVANA(ティバーナ)』が登場。10月3日より全国の店舗で提供開始されます(一部の店舗をのぞく)。

ティバーナとは「HEAVEN OF TEA(ティーの楽園)」を意味し、“これまでにないティー体験”を実現するために設立されたティーブランド。フルーツや花、ハーブ、スパイスなどをブレンドしたさまざまな種類の茶葉を使い、これまでにない抽出方法や素材との組み合わせによって、斬新なビバレッジがつくり上げられるのだとか。

ティバーナのビバレッジはすでにアメリカや韓国、フィリピン、台湾で販売されており、好評を得ているそう。そしてこのたび日本における第1弾として発売されるのが…たっぷり果肉入りの「ゆず シトラス & ティー」です!

◆ゆず シトラス & ティー
アッサム、セイロンなどのブラックティーをブレンドしたイングリッシュブレックファストに、ピンクグレープフルーツの果肉と国産ゆずの果皮が入った“果肉ソース”と、グレープフルーツ、ピンクグレープフルーツ、オレンジ、レモンを使ったジュースベースを合わせて仕上げたビバレッジ。そう、お湯ではなくジュースでお茶を抽出するんです。

スターバックス コーヒー「ゆず シトラス & ティー」
アイス(左)とホット(右)

価格はショートサイズ390円(税別)から。アイスとホットがあります。

アイスは、ストローで吸うたびにたっぷりの果肉が口の中で踊ります。ぷりっとした歯ざわりも楽しい。噛むたびに、ゆず皮のほのかな苦みとグレープフルーツのさわやかな酸味が広がります。甘みはあるけれど、あと味はさっぱり。

一方ホットは、ゆずとシトラスの香りがよりふくよかに感じられました。ジュースベースのフルーティーな甘みとシトラスのほのかな酸味、ゆず皮のほろ苦さのバランスが絶妙!

アイスもホットも、ティーの渋みがまったくなく、味にまろみがあるのが印象的でした。

スターバックス コーヒー「ゆず シトラス & ティー」
ホットのゆず シトラス & ティー。カップの底に果肉がたっぷり

◆そのほかのティバーナ商品
このほかティバーナブランドのホットティーとして、これまでと同じ「ブラックティー」「パッションティー」に加え「イングリッシュブレックファスト」「アールグレイ」「ミントシトラス」「カモミール」「ほうじ茶」もラインナップ。これからさらに種類も増えていくそう。

スターバックス コーヒー『TEAVANA(ティバーナ)』
気分に合わせて選びたい

また、これまで販売されていた「抹茶 ティー ラテ」と「チャイ ティー ラテ」も今後はティバーナブランドとして提供されるそうです。

◆コーヒー、フラペに次ぐ“柱”に
ティバーナブランドは今後、コーヒー&エスプレッソやフラペチーノに次ぐ、スタバのビバレッジの新たな“柱”として展開されていくそう。スターバックスとしては「今日はコーヒーの気分じゃないからティー」ではなく、「ティーが飲みたいから足を運ぶ」というモチベーションでティバーナのビバレッジを選んで欲しい、との思いがあるそうです。

筆者が今回ゆず シトラス & ティーを飲んでみて感じたのは、味の奥行きと充実した食感。シンプルなティーより飲みごたえが欲しいけれど、フラペチーノほどお腹に溜まらなくていい。そんなときに選びたくなるビバレッジでした!

スターバックス コーヒー「ゆず シトラス & ティー」
ゴクゴク飲めるけど、果肉感もたっぷり

スタバではこれからも「驚き(サプライズ)」と「楽しみ(ディライト)」をコンセプトに、新たなティバーナビバレッジを開発していくそう。どんな楽しい商品が出てくるのか、今から楽しみですね!