パッケージデザインにも沖縄らしさが

オリオンビールが製造したアルコール飲料「アサヒ オリオン琉球セッション」と「アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル」が、アサヒビールから10月25日に数量限定で発売される(沖縄県および鹿児島県奄美地区をのぞく)。

アサヒ オリオン琉球セッションは、「セッションIPA」スタイルの上面発酵ビール。セッションIPAとは、IPA(India Pale Ale)の特徴であるホップの香りや苦みはそのままに、アルコール度数を低めに設定するなどして飲みやすさを実現したビアスタイル。柑橘系の香りが特徴のシトラホップによる、さわやかでフルーティな香りと苦みが楽しめるそうだ。

一方、アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテルは、沖縄産シークァーサー果汁のさわやかな香りと爽快な喉ごしが楽しめるビアカクテル。アサヒビールの開発ノウハウと、オリオンビールのろ過技術を使った共同開発商品だそう。