“こだわりのステーキ”を提供するステーキハウス

アメリカ・カリフォルニア発のステーキハウス「ALEXANDER'S STEAKHOUSE(アレクサンダーズ ステーキハウス)」が日本初上陸。11月10日、東京・汐留シティセンターにオープンする。11月1〜5日と、11月9日はプレオープンとして18時から営業(予約客のみ)。

アレクサンダーズ ステーキハウスは、2005年にカリフォルニア州クパチーノにオープン。以来、高品質な食材を生かした料理や、盛り付け、プレゼンテーションに至るまで“ラグジュアリーな空間”を演出し、2011年から3年連続でミシュラン一つ星を受賞するなど人気を博している。

看板メニューのステーキは、アメリカのプレミアムブランド牛「グレーターオマハ」や「クリークストーン」を使用。鮮度を保った状態で日本に空輸され、熟成される。

ステーキメニューの一例は以下のとおり。

【熟成グレーターオマハ】

30日熟成 骨付きニューヨークステーキ 1万円

30日熟成 Tボーンステーキ 1万4,000円

30日熟成 骨付きフィレ 1万円

【A5ランク和牛】

A5ランク 北海道牛 1万6,000円

A5ランク 近江牛 1万4,500円

A5ランク 仙台牛 1万2,500円

A5ランク 松阪牛 1万5,500円

【アメリカ産牛】

トマホークチョップ 1万5,000円

アンガスビーフ プライムリブ 3,800円

アンガスビーフ フィレ 5,000円

コース料理も各種用意される。中でも一押しは、シェフこだわりの7皿が提供される「study of beef」コース(1万4,000円)。アメリカと日本の“最高級ビーフ”が両方味わえるとか。

ワインセラーも設けられ、常時約500種類のワインがラインナップ。カリフォルニアワインを中心としたセレクションで、国内で数本しか手に入らない希少なワインや、入手困難な「カルトワイン」も多数用意されるそうだ。

アレクサンダーズ ステーキハウス ワイン
希少なワインも

店舗所在地は、東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル42階。営業時間は、ランチ11時30分〜15時30分、ディナー17時30分〜23時30分、日曜のみ17時30分〜22時30分。