たまごと生クリームのひと口エッグタルト

大丸東京店で、手土産にもぴったりなタルトがラインナップされる「タルト特集」を開催。1階ほっぺタウンの「ウィークリー・セレクトスイーツコーナー」に、10月19日から25日まで「アンドリューのエッグタルト」が出店する。

販売されるのは、香港や台湾などアジアで昔から親しまれている「エッグタルト」。マカオにある「ロードストーズベーカリー」の英国人、アンドリュー・W・ストウ氏によって開発されたというエッグタルトは、たまごと生クリームをたっぷり使って焼き上げられたもの。価格は1個291円(税込、以下同じ)から。

また、既存の店舗でも季節限定のタルトが販売される。

「東京カンパネラ」からは、サクサクのタルト生地にマロンクリームをたっぷりしぼった「マロンタルト」が登場。刻んだ栗が合わされ、食感のアクセントになっているとか。4個入りで、価格は864円。

「銀のぶどう」からは、マロングラッセを散りばめた生地に、マロンクリームを重ねて焼き上げた「焼きモンブラン」が。ほっくりとした味わいが楽しめるそう。6個入りで、価格は1,296円。

東京カンパネラ「マロンタルト」と銀のぶどう「焼きモンブラン」
東京カンパネラ「マロンタルト」(左)と、銀のぶどう「焼きモンブラン」(右)