生活スタイルに合わせて選べる2種類

アメリカの電動工具メーカー『BLACK+DECKER(ブラック・アンド・デッカー)』から、コードレススティッククリーナー「TAPI(タピ)」シリーズ2製品が9月下旬に発売される。

同シリーズは、ハンディクリーナーとしても使用できる2in1タイプのサイクロン式クリーナー。アレルギーの原因になる花粉やカビ胞子をキャッチする「HEPAフィルター」が採用されているほか、ダストケースの中心部にモーターを配置する独自設計により、軽量コンパクトながらパワフルな吸引力を実現したそう。

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
独自のモーターイン設計

さらに、床の状態を検知して吸引力を自動調節するフロアセンサー機能や日本市場向けに開発された特殊形状のフロアヘッドを搭載。洗浄タイミングを知らせるフィルターセンサー、水洗いできるダストケースなどメンテナンスのしやすさにもこだわったそうだ。

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
カーペットやゴミの量を自動で検知

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
大きなゴミから微細なゴミまで手早く吸い込むフロアヘッド

ラインナップは、充電台付きの「Stick Tapi(スティックタピ)」(希望小売価格3万円)と、家具の下や高所が掃除しやすいデザインの「Floor Tapi(フロアタピ)」(希望小売価格2万5,000円、ともに税別)。いずれも充電式で、連続運転時間は20分前後。

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
「Stick Tapi(スティックタピ)」

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
サッと取り外せるハンディユニット

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
「Floor Tapi(フロアタピ)」

ブラック・アンド・デッカー「TAPI(タピ)」シリーズ
パイプノズルで高い所や家具の下が掃除しやすい