家中にシュッとひと吹き

朝晩急に肌寒くなり、すっきりしない天気が続くこの頃。気温の変化に身体がついていけないと、だるさや眠気がとれないといった症状に悩まされます。また訳もなく不安になったり、気分が落ち込んだりしたら“秋うつ”の可能性もあるそうで、ちょっと気を付けたいところ。

毎日手軽にできる気分転換方法といえばアロマ。一般的なルームフレグランスだと香りがきつ過ぎるという人には、エッセンシャルオイルを使った「リネンウォーター」がオススメです。

リネンウォーターは、植物から精油を抽出したあとに残る香りが凝縮された水。海外では洗濯やアイロンがけに使って、ほんのり残る香りを楽しんでいるとか。市販もされていますが、自宅で簡単に作ることもできます。

作り方

リネンウォーターの作り方

材料(50ml分)

・無水エタノール10ml

・精製水40ml

・好みのエッセンシャルオイル10滴

まずはエタノールとエッセンシャルオイルを混ぜ、さらに精製水を入れてよく混ぜたら、スプレーボトルに移して完成。ボトルはなるべくガラス製が良いですが、すぐに使いきる場合や少量ならプラスチックボトルでも大丈夫です。

リネンウォーターの作り方
ビーカーや計量カップに材料を入れて混ぜ

リネンウォーターの作り方
ガラスボトルに入れて完成 使う前によく振りましょう

オイルは嗅いでみて気に入ったものでも良いですし、アロマテラピーのサイトなどで効能から選んでもOK。筆者のオススメはカモミールとベルガモット。眠れない時にはラベンダーやクラリセージも良いそうです。

使い方

リネンウォーターの作り方
寝る前の習慣に…

ソファや寝具、カーテン(直射日光が当たらない場所)に吹きつけたり、ルームスプレー、フレグランス、アイロンがけに使ったりと家中様々な場所に使えます。香り別に少量ずつ作っておいて、気分で使い分けても良いですね。

秋は旬の味覚や紅葉など楽しみも多い季節。小さな工夫で気分良く過ごしたいものです。