普通にかわいい

中国を中心に展開する雑貨店「メイソウ(名創優品)」。数年前、パクリ疑惑など諸々の理由(詳しく知りたい方は検索してみてください)で話題になったが、そろそろ世間も忘れかけてきた頃だろうか。先日、池袋店の前を通りかかったので入ってみた。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
まだちゃんとありました

駅の売店ほどの小さな店内では、ファッション雑貨をはじめタオルや収納用品などの日用品、デジタル雑貨が販売されている。価格は“200円〜”をうたっているが、1,000円を超えるモバイルバッテリーやBluetoothスピーカー、ヘッドホンといったデジタル関連がやたら充実しており、安さを打ち出している感じではなさそうだ。

いずれもポップなカラー展開でごく普通の雑貨屋に見える。カジュアルバッグや靴下などは、池袋で何らかの不測の事態が発生したときにお世話になりたい感じだ。せっかくなので、気になった商品を購入してみた。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
なんとなくデジ物は控えた

まずは「モレスキン」ノートブックにそっくりなハードカバーノート。2冊で300円、似たようなものは100円ショップでも見かけるが、ご丁寧にポケットも付いておりなかなかクオリティが高い。しおりがちょっと惜しいものの、本家の値段が10倍以上すると考えればオトクかも。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
2冊パック 中は太めの横罫

「メイソウ(名創優品)」池袋店
左がモレスキン。サイズ感もほぼ同じ

「メイソウ(名創優品)」池袋店
芸が細かい

空前のネコブームの中、やたら分厚いネコのノート(200円)も売られていた。表紙には中国語とひらがなが混在している。厚過ぎて使い道に悩むが、中も同じデザインでかわいい。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
なんちゃらのロシアンブルーと書かれている

LEDライト付きのUSBケーブル(300円)。3段階で明るさが調節でき、好きな角度に曲げて固定できる。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
ケーブルだが、ライトにもなる便利グッズ

「メイソウ(名創優品)」池袋店
明るさは調整できる

「メイソウ(名創優品)」池袋店
反対側はmicro USB ん?SOSって…?

ふくろうのキーホルダー(200円)。壁に取りつけて、キーリングを抜くとふくろうの表情が変わるというユニークなデザイン。これはかなり気に入った。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
壁に取りつけて使う

「メイソウ(名創優品)」池袋店
キーを抜くとすやぁ…

中国では店舗面積が広く品揃えも多いようだが、日本では100円ショップを想像していくと物足りないかもしれない。池袋の片隅でひっそりと営業している、そんな雰囲気だった。

なおパッケージに書いてある会社住所は銀座になっているが、電話番号はない。商品に万一不具合があった場合は店舗に直接問い合わせよう。特にデジタル系はあくまで自己責任でどうぞ。

「メイソウ(名創優品)」池袋店
キャッチコピーは「今の生活が好き、だから、名創優品。」