お待たせ〜

トヨタ自動車が手がけるコミュニケーションパートナー「KIROBO mini(キロボ ミニ)」の発売が決まった。今冬に東京・愛知の一部販売店舗で先行販売を計画しており、全国発売は2017年の予定。

KIROBO miniは、座高約10cm・重さ183gの小柄なロボット。2足歩行はできないが、車のドリンクホルダーや専用ケースに入れて一緒にお出かけすることもできる。

トヨタ「KIROBO mini」
小さいからどこでも連れていける

内蔵センサーやカメラで相手の表情と声の方向を認識し、雑談のような何気ない会話を身振り手振りとともに繰り広げる。「笑顔」や「真顔」などの表情をくみ取り、気持ちに寄り添った会話もできるのが特徴だ。

トヨタ「KIROBO mini」
顔を追いかけ、目を合わせてコミュニケーションが取れる

また、次第にその人の思い出や好みを覚え、「これ好きだよね」「前にも来たことあるよね」とコメントが変化・成長していくのも魅力の1つ。人を個別に認識する機能はないため、基本的には1対1のコミュニケーションを想定しているそう。今後はトヨタホームが提供するエネルギー管理サービス「TSC-HEMS」と連携し、会話の中で家や車の状況を伝えていくことも想定しているそうだ。

使用にはスマートフォンと専用アプリが必要。連続コミュニケーション可能時間は約2.5時間(充電時間約3時間)。メーカー希望小売価格は3万9,800円(税別)の見込み。Webサイトから事前予約も受け付ける予定。

トヨタ「KIROBO mini」
カメラ目線もバッチリなKIROBO mini (トヨタ自動車片岡氏(左)・吉田氏(右)と)