佐賀県有田町を中心に製造される磁器「有田焼」。その創業400周年事業として、日常使いを目指した新ブランド『2016/(ニーゼロイチロク)』が誕生しました。

美術品や贈答品として“高級”なイメージを持つ人が多いことから、「もっと有田焼が身近なものになってほしい、未来につなげていきたい」という思いでスタートした同ブランド。柳原照弘氏やインゲヤード・ローマン氏をはじめ国内外で活躍するデザイナー16組による作品が、本日(10月19日)より世界に先駆けてそごう・西武で販売されます。焼き物が大好きな筆者もひと足早く見てきました!

有田焼新ブランド「2016/」
西武渋谷店へ

西武渋谷店ではブランドデビュー展も同時開催されており、展示スペースに入ると「え、本当に有田焼?」と目を疑う光景が広がっていました。透き通るような白い磁気や鮮やかな盛り絵の具ではなく、マットな質感、繊細なグラデーションなどこれまでのイメージを打ち破る作品が並んでいます。

有田焼新ブランド「2016/」
約380品が手に取れます

同ブランドのディレクターを務める柳原照弘氏の作品は、これまで有田では失敗とされていた“くぼみ”や不均一にかけられた釉薬などを特徴としています。

有田焼新ブランド「2016/」
クリエイティブディレクター 柳原照弘氏の作品

有田焼新ブランド「2016/」
水彩画のように繊細な色合い

またトマス・アロンソ氏の作品では、直線や曲線をはっきり出すため、特別に開発された土が使用されたそう。食器やインテリアとして自由に使えるフォルムも魅力です。

有田焼新ブランド「2016/」
トマス・アロンソ氏の作品

有田焼新ブランド「2016/」
使い方は持ち主のアレンジ次第

ブランドとしての新しい一歩を踏み出すため、開発過程ではデザイナーから寄せられる無理難題に窯元も既成概念を捨て去って取り組んだといいます。2年にわたる開発期間を経て生まれた新しい有田焼は、2016年春の「ミラノサローネ」で世界からも絶賛されたとか。

有田焼新ブランド「2016/」
“吹付”による柔らかなグラデーションが美しいクーン・カプート氏の作品

有田焼新ブランド「2016/」
遊び心が詰まったTAF(タフ)の作品

有田焼新ブランド「2016/」
スタジオ・ウィキ・ソマーズの作品 有田焼の特徴ともいえる瑠璃色が印象的

なお気に入ったものは販売スペースで購入可能。価格は千円台から用意されており、日常使いはもちろん贈り物にも良さそうです。次の時代へと向かう有田焼を、ぜひ手に取ってインスピレーションで選んでみてください!

有田焼新ブランド「2016/」
お気に入りを持ち帰って

【Arita new standard「2016/」ブランドデビュー展概要】

会期:10月19日〜10月30日

会場:東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店A館7階

営業時間:10時〜21時

※西武池袋本店、そごう横浜店でもブランドデビューフェアを開催