六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー『Tokyo City View Lounge』にて、特別企画『大都市に迫る 空想脅威展』が9月24日(土)から11月13日(日)まで開催される。

戦後、日本独自の文化として盛り上がってきた特撮作品。作品内では、空想上の怪獣や怪人たちが幾度となく都市を襲ってきた。

映画やドラマで、人々の平和を脅かした空想上の怪獣や怪人たち(=空想脅威)と、都市との関係を、撮影で使用されたセットや模型とともに振り返る。

通常、一般には公開されていない森ビル株式会社の縮尺1/1000の都市模型が登場。怪獣が壊してきた首都・東京のスポットを模型とともに見ることができる。

また、撮影に使われたガメラヘッドと写真を撮れるフォトスポットや、ガメラをイメージしたコラボメニューも2品登場する。

<みどころ>
その1:怪獣の目線になれる! 通常一般非公開の巨大都市模型を公開
縮尺1/1000のスケールで東京を精巧に再現した、巨大な都市のジオラマ模型に、空想脅威が迫る。数ある特撮作品で生み出されてきた怪獣たちは、東京のどこに姿を現したのか? フロア全体に広がる圧巻の都市模型とともに、怪獣たちが現れたシーンに思いを馳せながら鑑賞しよう。

その2:怪獣体験ができる!
もしあなたが巨大な怪獣になって都市を見下ろしたら、街の人の目にはどのように映るのだろう。眼下に広がるのは縮尺1/1000の新宿副都心と西新宿の街並み。1,000倍の大きさになって、突如都市に現れた怪獣の気分を味わえる。

その3:ガメラ登場!守護者のもたらした空想脅威
昭和から平成と、数々の空想脅威に対する守護者として描かれ続けてきた怪獣、ガメラ。1965年から12作品もの映画作品で、ライバル怪獣たちと死闘を繰り広げた。都市破壊の描かれ方を製作資料で振り返るとともに、「ガメラ2 レギオン襲来」における“最終防衛線”を、2016年の設定でシミュレーションする企画展示も。

その4:空想脅威年表
日本では戦後、映画やテレビドラマなどで様々な空想脅威を描く作品が生み出されてきた。時代ごとの社会情勢と密接に関連しながら、私たちの平和を脅かす様々な怪獣たち。それぞれの時代の空想脅威を振り返る。

<「大都市に迫る 空想脅威展」 特別コラボメニュー>
『Tokyo City View Lounge』内のBook Cafe Loungeでは、ガメラをイメージした同展とのコラボメニューも登場。
カフェメニュー提供時間 11:00〜22:00(L.O.21:30)

<開催期間>
2016年9月24日(土)〜11月13日(日)
※期間中、イベント等でクローズする日もございますので、Web サイトをご確認ください。

<時間>
10:00〜22:00(最終入館 21:30) 
※Book Cafe Lounge でのメニュー提供は 11:00〜22:00(L.O.21:30)
※10/20(木)は10:00〜18:00(最終入館17:00)
時間 10:00〜22:00(最終入館21:30) 

<料金>
一般1,800円、学生1,200円、こども600円、シニア1,500円

<トークイベント開催決定>
「空想脅威」を生み出してきた映画・アニメーション映画監督を、ゲストスピーカーに招いたトークイベントが開催される。

全3回のトークイベントのゲストスピーカーには、
・樋口真嗣監督 <シン・ゴジラ」(監督・特技監督)など>
・神山健治監督 <「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ など>
・金子修介監督 <平成「ガメラ」シリーズ など>
の3名が登壇。

同展企画者であるKADOKAWA 代表取締役専務 井上伸一郎氏と、森ビル メディア企画部 矢部敏男氏とともに、作品のみどころや作品内での都市の暮らしがどのように脅かされてきたかなど、「大都市に迫る空想脅威」について魅力を語る

<会場>
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内フォトラウンジ

<開催日時/ゲストスピーカー>
・第1回 10月22日(土)20時〜/映画監督 樋口真嗣氏
・第2回 10月28日(金)20時〜/アニメーション映画監督 神山健治氏
・第3回 10月31日(月)20時〜/映画監督 金子修介氏

<ホストスピーカー>
KADOKAWA 代表取締役専務 井上伸一郎氏
森ビル メディア企画部 矢部敏男

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。