2016年10月22日(土)、23日(日)に、稲毛海浜公園(にて「ゾンビ」に特化した3 時間耐久の鬼ごっこイベント『ZOMBIE HAZARD(ゾンビハザード)』が行われる。

仲間と協力していくつかの謎解き「MISSION(ミッション)」 をクリアしながら、追ってくる100体以上のゾンビから3時間逃げ続ける、新感覚のハロウィンイベント。 

従来のゆっくり近づいてくるゾンビのほかに、ウイルス「ディスペア(絶望)」に感染しているゾンビが いる。彼らは感染する前、自衛隊や陸上部だったころの身体能力をそのまま受け継いでいる。そのため、見つかったら最後。圧倒的 なスピードで走ってくる。 

3時間常にゾンビから逃げなければいけない、過酷な環境での「謎解き(MISSION)」。平常心ではいられないはず・・・。

<「MISSION(ミッション)」について>
参加者が挑む「MISSION(ミッション)」とは、イベントのSTORY内に出てくるウイルス「ディスペア(絶望)」の正体をあばくこと。

イベント中に幾つかのアクシデントが発生するので、プレイヤー自身が行動して、それを解決する。会場にはアイテム、暗号が隠されており、プレイヤーは仲間と一緒に会場の指定エリアを徘徊して暗号を解き、制限時間内にウイルスの真相を解明する ことができれば、STORYの全貌を知ることができる。

肩からかけるタスキが「ライフライン」となるため、ゾンビからライフラインを奪われると「DEAD」 となり、イベント脱落となる(※ ただし、復活する方法もあるのだとか…)。

「MISSION(ミッション)」を解くためには、ゾンビがたくさんいるところに攻め込まないとクリアできない。ゾンビから逃げながら数々の「MISSION(ミ ッション)」をクリアすることで、“生存者”となるため、“逃げ場のない”恐怖を楽しめる。 

<ミッション>
・とにかく生き残れ!
襲いかかるゾンビから生き延び、とにかく生き残ることがメインミッション。

・敵はゾンビだけじゃない!?
異常事態の世の中では正常心を失った人たちが敵となる!

・様々なミッションをクリアせよ!
途中で発生するミッション(謎解き)をクリアしながらゾンビに立ち向かえる手段を入手。

<STORY>
20××年 ハロウィンシーズン。何者かが世界中に原因不明のウイルスをばらまいた。そのウィルスに感染した者は皮膚が腐敗し、感染から約十数時間で息絶える。しかしその数時間後、再び目を覚ます。そして人の血肉を求めて人間達に襲いかかる「ゾンビ」となり、永遠にさまよい続ける。感染力が強いため瞬く間に感染者は増え続け、やがて世界を地獄絵図と化していった。

ウイルスは「ディスペア(絶望)」と名付けられた。舞台となる研究所施設。ここでは「ディスペア」に関するありとあらゆる研究を行っており、全国から情報が寄せられていた。更にこのエリアではゾンビ発生者が出ておらず、ゾンビが寄り付きにくい地形として一次避難所としても使用されており、ここから自衛隊の輸送ヘリによって更に安全な二次避難所への輸送を行っていた。

人々は安住の地を求めて、途中襲いかかるゾンビや正常心を失った人間達を退けながらも、ここを目指していた。あなたもその一人であり、やっとの思いで辿り着くことができた。しかし、本当の恐怖はここから始まる・・・。

<開催日時>
2016年10月22日(土)・23日(日)※ 計2日間 
各13:00〜18:30(※ 11:00受付スタート) 

<場所>
稲毛海浜公園 
(千葉県千葉市美浜区高浜7丁目2番1号)

<参加費>
【得割★早割】3,400円(税込み)※ 枚数限定 
【一般】 得割が無くなり次第 3,900円(税込み) 
【高校生限定】 2,500円(税込み)
※学生チケット学生証などの身分証明書必須 

<人数>
各日程 2,000人(チケットは予定枚数に達し次第販売を終了) 

主催者: ゾンビハザード2016実行委員会
運営 : ゾンビハザード2016運営事務局
監事 : 株式会社オリノス、株式会社SSS
協力 : 株式会社KIOKJAPAN、株式会社アリュクス(SGS)、株式会社エアリー、株式会社パートナーズダイニング(監獄レストラン「ザ・ロックアップ」)、株式会社MK.クリエイターズ(イベントサーチ)
協賛 : 株式会社エアリー(ウィッグ・カラーコンタクト専門店エアリー)

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。