NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
9月25日放送 第38回「昌幸」 演出:木村隆文


38回のナレ死


本多忠勝(藤岡弘、)1610年(慶長15年)
加藤清正(新井浩文)1611年(慶長16年)
おふたりとも大坂の陣に参加できませんでした。合掌。

こんなふうに「真田丸」の秀吉(小日向文世)から家康(内野聖陽)時代を彩ったツワモノたちが惜しまれつつ退場していく38回。なんといっても、紀州九度山に幽閉されて10年ほど生きた真田昌幸(草刈正雄)が、1611年(慶長16年)「願わくばもういちど戦場に立ちたかった」と無念にも逝くシーンは脚本も演技も演出も力が入っていた。

真田昌幸、死す


最後の最後まで戦のことを考えていた昌幸。兵法奥義を信繁(堺雅人)に託し、徳川攻略の作戦を伝授する。

「軍勢をひとつの塊と思うな。
ひとりひとりが生きておる。
ひとりひとりが思いをもっておる。
それをゆめゆめ忘れるな」

信繁に語りかける昌幸。

秀吉の死を彩った黄昏よりも鮮烈に真っ赤に染まった夕陽が昌幸にはふさわしい。
「信濃に帰りたかった上田の城に」と彼の原風景に思いを馳せると、勇ましい馬のいななきと蹄の鳴る音が聞こえてくる。
「御屋形様(武田信玄)」と呼びかけながら息絶える昌幸。瞳はかっと見開かれ・・・。
木村隆文演出に外れなし。重い球を投げ込んでくる。
 
死の間際、馬のイメージが出て来るのはシェイクスピアの「リチャード三世」のようだ。
リチャード三世は奸計の限りを尽くし他者を陥れて栄光を手に入れていくが、最後にすべてを失って死んでいく。そのとき「馬だ! 馬をよこせ!」と叫ぶのだ。
昌幸を悪漢リチャードと重ねるのはちょっとかわいそうな気もするが、闘って勝ち上っていくことを生き甲斐にし、孫・大助にも卑怯な喧嘩術を教えているくらいだからだからさもありなん。


なぜ、竹本義太夫か


合縁奇縁、38回の冒頭、九度山に来た昌幸たちを迎えたのが、浅野家家臣・竹本義太夫(宮下誠)なる人物だった。のちに人形浄瑠璃の始祖となる竹本義太夫(1651年生まれ。近松門左衛門と組んでヒット作を上演する)と同姓同名で、なんとも紛らわしいのだが、これは文楽も手がけている三谷幸喜のちょっとした遊び心なのかなんて思っていると、奇しくも終盤に先述の「リチャード三世」のような昌幸の最期にも繋がった。

1993年、人形浄瑠璃の老舗劇団・結城座が女義太夫語り・竹本素京義太夫による「リチャード三世」を上演していているのだが、これが、舞台を日本に置き換え武田と上杉の戦いとして描いた作品なのである。資料によると、武田勝頼(「真田丸」では平岳大が演じた)とお姫様の悲恋だそうだ。

演出は福田善之。大河ドラマで、草刈正雄も出ている「風と雲と虹と」(76年)の脚本を書いている劇作家で、真田ものでも