命乞いをしながらも「肩揉んでくれぇぃ〜」とわがままを言う。
おしっこを漏らしたチンピラが「どうしてくれるんだ」と凄む。

今年9回目となった『キングオブコント2016』(TBS系列、以下KOC)。エントリー総数2510組から9代目キングに輝いたのは、奇怪な言動で見る者を引きずり込んだライスの二人だった。


ファイナリスト経験者5組、初出場5組という今回のKOC2016。大本命の存在はなく、誰が優勝してもおかしくないメンバー。そのなかでも、しずるとライスのNSC9期生対決は一つの見所だった。(詳しくは10/2キングオブコント、しずるVSライス因縁の同期対決など見どころ徹底チェックを)

ネタ順はしずるが1番目、ライスが10番目と離れていたが、ファイナルステージ進出の最後の1組を争うドラマチックな展開に。結果、ライスはファーストステージを1位で通過し、そのまま優勝をかっさらった。ライスが先行くしずるの肩に手を伸ばし、グッと引き寄せて横に並んだように見えた。


決勝のネタ2本は「1年かけて熟成された」


放送終了後に行われた記者会見。2本目のネタ「クレーム」でズボンをお漏らしでビシャビシャにした関町。生放送ではその状態のままトロフィーを受け取ったが、記者会見ではすっかり乾いていた。フラッシュに囲まれ「うわぁなんかすごい」「記者会見だ」と初々しい感想を述べる二人。振り返ってひと言どうぞ。

関町:嬉しいです!ホンっとに嬉しくて。ホントに夢の国にいるみたいな、なんかすっごいふわふわした気持ちです。感無量ですね。はい。
田所:僕も本当に、もう優勝した瞬間は実感湧かなかったんですけど、今こうして二人でね、この格好をしてるのでようやく実感湧いてきて。オンエア見て、ちゃんと実感湧くんじゃないかと思います。

決勝で披露した2本のネタは、いずれも過去のKOC予選で披露したものだったそう。

田所:1本目にやったネタ(命乞い)は、実は去年の準決勝でやろうと思ってたネタで。で、去年2回戦で落ちちゃってそれができなくて。今年それをそのまま持ってきたら準決勝に行けて。
関町:1年かけて熟成されたというか。劇場でかけ続けて、いい感じになったのかなと。
田所:で、2本目(クレーム)は……一昨年の2回戦でやったネタですね……(笑)そこで手応えがあって、でも準決勝で違うネタやっちゃって……。それも日の目を見なかったんで、今回その2つをようやく出せたなって感じですね。
田所:(いいパフォーマンスは出せた?)そうですね、ネタに自信はありましたね。
関町:一番いいパフォーマンスが出来たんじゃないかと思います。

ファーストステージ終了時点では、ジャングルポケットと同点の1位。ファイナルステージでも最後まで優勝を争った。強敵だったのではないか。

関町:まず向こうは3人いますし……
田所:ちょ、数で言うの?(笑)
関町:プラス斉藤の顔、声、やっぱりそれはもう強敵だったので。ずっと同じ劇場とかで、これに関しては被害被ってきたので(笑)ジャンポケ、しずるとか、ずっと今まで遅れを取っていたメンバーに勝てたっていうのは、すっごい嬉しいですね。

検索してもライス国務長官が出てくる


優勝の喜びを誰に伝えたい?という質問には、関町が「(ピースの)又吉さん」という回答。放送内でもライスの応援VTRには又吉が登場していた。前日にLINEも送ってくれたという。

関町:シンプルに「明日ガンバレよって」って。……本当に芥川賞なのかなっていう(笑)
田所:もうちょっとこう……詩的な感じで来るのかなと思ったら
関町:ずっと取っとけるようなの来ると思ったんですけど、誰が送ってもいいような……
田所:僕にも「楽しみにしてるわ」って
関町:又吉さんじゃねぇのかな?(笑)
田所:意外とシンプル(笑)
関町:でも、逆に伝わりました。社員さんの方も本当に目をかけてくれたので。僕らなんか全然日の目浴びてないのに劇場で使っていただいたりとかして。本当に早く伝えにいきたいです。

一方、田所が喜びを伝えたいのは「関町の息子」。関町には3歳の息子と1歳の娘がいるのだが、田所はなぜか息子にデレデレ。

田所:かわいいんですよぉ〜こいつの息子ぉ〜
関町:もうお父さんが二人いる状態なんですよね。
田所:賞金で死ぬほどおもちゃ買ってやりたいです。
関町:怖いんだよ。
田所:俺の事をパパって呼ぶようにしたい。
関町:それだけは阻止したいです

芸歴13年目ながら、ほとんどテレビに出ていなかったライス。なんと今回のKOCが今年初めてのテレビ出演。テレビ出演を避けているわけではなく、オーディションはちょくちょく受けているのもの、なかなか合格できなかった。

関町:会議室では僕らのネタが映えないんでしょうかねぇ……?
田所:僕らがオーディションに行ってすごい早さで帰ってくるもんだから、後輩がバカにしてタイム図り始めて。1分ネタのオーディションで50秒で帰ってきたことありますよ。

これからはお茶の間で姿を見かけることも多くなりそう。ところでなぜ「ライス」というコンビ名になったのか?

田所:イメージ的に絶対悪くならないだろうなと。日本人でお米嫌いな人いないだろうという気持ちで、「ライス」って付けたんですよねぇ。
関町:でも、こんなにネット社会になると思わなくて。
田所:ライスで検索しても、まぁ出てこない!(笑)まず○○ライスってのがあって、その後に……
関町・田所:ライス国務長官。
田所:俺らなんていつ出てくんだって。
関町:強者揃いなんですよ。

でも安心してください。KOC優勝後、「ライス」でググるとトップにくるのはライス (お笑いコンビ) - Wikipediaです。たぶん、みんな気になっているのだと思います。

「勝ったぞ」


日の当たらない時期が長かったライスの二人。不安だったことはないのだろうか?

関町:東京出身なんですけど、東京出身の人ってこうハングリー精神ってない感じが……。
田所:気楽にできてたってのがもしかしてあるかもですねぇ。途中まで実家暮らしだったりもしたんで。
関町:実家があるじゃないかっていう。
田所:俺たちには実家があるじゃないか!って。
関町:そこが、他のメンバーに比べてハングリー精神が無くて、ちょっと時間かかったのかなって。割りと僕らは楽観的ですけど、ほんと、面白い芸人が先輩後輩含め辞めてちゃってて。もしかして俺たちもいずれそういう時がくるのかなって、そういう焦りみたいなのはありましたね。

辞める芸人もいる一方、売れて離れていく芸人もいる。同期のしずるはライスにどう映っていたのか。

田所:同期でずっとNSCの時から同じクラスで。あいつらが先にテレビに出始めたときホントにな、もう悔しくてしょうがなかったな。
関町:そうなんですよね。それでも僕ら逆に悔しがらずに「全然別にいいよ」って格好つけてる感じが逆にまた痛々しくて。それがようやく同じ舞台で戦えたってのが、すごい感慨深いですね。
田所:勝ったぞって。

まだまだテレビで見せていないネタがあるライス。これからネタ番組に出たいし、「ライス」って名前を活かしてグルメレポだってやってみたいという。KOC優勝をきっかけに、これからバラエティでも頑張ってくれぇぃ〜〜。

(井上マサキ)