隠れレビュアーはこいつだー! 今回は米光一成にかわり飯田和敏(a.k.a.カズサトシ)がレビューします。


「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)、初回放送は2015年9月。初めて見たときびっくりした。みんなすげー早口だし、しかも即興。それでこの完成度ってマジか! とんでもない事が起こっているのかもしれん、と夢中になって追いかけてきた。実際、日本語ラップは盛り上がってる。

「高校生RAP選手権」は10回目にして日本武道館ソールドアウト。あの「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活を遂げ、さらに「フリースタイルダンジョン」で審査員を務めているいとうせいこうがデビューアルバム『建設的』リリース30周年を祝って2日間に渡るフェスを敢行。

大型CD店には「フリースタイルダンジョン」コーナーが常設され、ヴィレッジヴァンガードでは公式Tシャツとタオルが販売され、モンスターの漢 a.k.a. GAM>『ヒップホップ・ドリーム』は版を重ね、いまではなんと3万部だって!(Abema TV fresh! で毎週火曜日放送中の「漢たちとおさんぽ』で誰かが言ってた)

そして、1周年の節目となる本日「フリースタイルダンジョン」、大胆な新ルール導入と共に3rd seasonに突入!

はい、ここまでは仕込みのテキストです。筆者は関西在中につきabemaTVでの視聴となる。つまりフレーズを吟味することが出来ない。しかも新ルールは展開が早い「チーム戦」と予告されていて、これも不安要素。

ただ「隠れレビュアー」を名乗った以上は引けない。30分間、耳目を全開にして、最強フレーズをがっしり受け止めるぜ! チャレンジャーやモンスターたちと同じテンションで番組と向かい合わなければいけないってことです。うぅ、緊張で胃が痛くなってきたわ。

放送直前にtwitterで番組公式アカウントから新ルールの詳細がつぶやかれた。

「チャレンジャーは3人1組でモンスターに挑戦1vs1、1vs1(隠れモンスター)、2vs2、3vs3、ラスボス般若と5ステージに挑戦! 全てクリアすると賞金100万円! 果たしてどうなる?! 」

わ、わからん。ラスボス般若戦は3vs1になるって感じ?

ついにシーズン3はじまるよ


深夜2時6分。abemaTVでの番組スタート、うぇいよー!

新ルールについてR-指定がコメントする。

「どういう感じになるかちょっとわからない」

オレもだよー。

最初のチャレンジャーが登場。目下、大注目を集めているクルーKANDYTOWNよりTEAM KIKUMARU。まずは「1on1」が選ばれる(誰が選んだのー?)。TEAM KIKUMARUからKIKUMARU。対するモンスターは漢a.k.a.GAMI。

先攻のKIKUMARU、伸び伸びとステージを動きながらラップしていく。声の通りもよくパフォーマンスは悪くない。

しかし、漢の動きが想定外だった。応戦しながら結果的にステージ上のチャレンジャーをグルグルと追い回す形に。また、現在進行形のあるラッパーとのトラブルを投影させたDISにはリアリティがあった。

この詳細を知りたい方は参考動画をどぞ。
「漢 a.k.a. GAMI / って事だよね?」

試合は漢a.k.a.GAMIがクリティカルで勝利。TEAM KIKUMARUは敗退となり、他の2名は出番なし。えぇぇ、新ルールこわっ!