エルメス(HERMÈS)は、アーティスティック・ディレクターのナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーによるセカンドコレクション、2016年春夏コレクションをフランス・パリで発表した。

ショーは“ブルー・ノワール(濃紺)”のイブニングからスタート。スイムウェアやジャンプスーツを差し込み、メゾンの原点ともいえるスポーツスピリットを香らせる。続くのは、潔さを感じさせるほどシンプルに仕立てたドレス。ムダをそぎ落としたデザイン、すっきりとした美しいライン。力強さとエレガンスが飛び交うスタートダッシュを切る。

中盤を彩るのは、ホワイトや、ヴィヴィッドなブルー・レッドの装い。軽やかなワンピースやプリーツスカートにのシルク素材は、ジャガード織りなどエルメスならではのアプローチ。レザーとプリントシルクが重なったプリーツからは、歩みにあわせて馬車模様が顔を出す。足元には、スニーカーを添えて、クラシックなスタイルに、モダンな解釈を加えていく。

ラストにかけては、アースカラーを主役に。ハリ感のあるシルクリネンドレスは、構築的なシルエットに設定した。ダブルフェイス仕様で、裏地にはローシルクをプラス。また、レザードレスやスエードプリーツドレスにも、オレンジカラーを配したり、シルクを組み合わせり…とやはり裏地に遊び心を加えた。アクセサリーには、重量感のあるメノウ(鉱石)のネックレスを選び、有機的なイメージを完成させる。

今季のキーワードは、クラシックの再構築、スポーツスピリットにあるという。ウェストシェイプのジャケットスタイルを並べた昨シーズンに比べ、ロングドレスやフレアスカートといった女性らしいアイテムに、強さを吹き込んだ姿からは、ナデージュがより自由な発想で洋服作りに取り組んでいる姿勢が伺える。