[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;19885.73;-5.27
Nasdaq;5574.12;+26.63
CME225;19300;+50(大証比)

[NY市場データ]

13日のNY市場はまちまち。ダウ平均は5.27ドル安の19885.73、ナスダックは26.63ポイント高の5574.12で取引を終了した。大手行の決算内容が好感され、買いが先行。トランプ政権下での経済政策に対する慎重な見方が強まるなか、12月小売売上高や1月ミシガン大学消費者景況感指数が予想を下振れたほか、連休を控えてポジションを手仕舞う動きが広がった。ハイテク株が選好されたが、ダウの上値は限られた。ナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では、メディアや銀行が上昇する一方で食品・生活必需品小売や消費者・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の19300円。ADRの日本株は三井住友<8316>、ソニー<6758>、菱地所<8802>が小じっかり。半面、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>が小安いなど、対東証比較(1ドル114.49円換算)で高安まちまち。