13日午前の東京市場でドルは一時115円12銭まで買われたが、リスク選好的なドル買いは限定的とみられており、現時点では114円90銭台で推移。ただし、具体的なドル売り材料が提供されない場合、アジア市場においてドルが114円台前半まで反落する可能性は低いとみられている。目先的にもう一段のドル高の可能性は残されている。ここまでのドル・円の取引レンジは114円55銭から115円12銭。

・ユーロ・円は、121円62銭から122円14銭で推移

・ユーロ・ドルは、1.0605ドルから1.0620ドルで推移



■今後のポイント

・114円台前半で個人勢などのドル買い興味残る

・1ドル=118円以上で輸出企業などのドル売り予約が増えるとの見方



・NY原油先物(時間外取引):高値53.08ドル 安値52.96ドル 直近値53.01ドル