ドル・円は115円付近でもみあう展開が続いている。前日の113円後半から値を戻している値動きについて、ある市場筋は「ドルの押し目買い意欲は強い」とし、目先下落局面となっても下値は堅いとの見方を示す。ただ、現時点で前日の高値115円半ばまで戻すには材料不足のようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは114円55銭から115円18銭、ユーロ・円は121円62銭から122円15銭、ユーロ・ドルは1.0604ドルから1.0620ドルで推移した。