反発。25日線を挟んでの推移となるなか、25日線はクリアしてきたが、直ぐ上にある5日線に上値を抑えられる格好となり、狭いレンジでの取引だった。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)を挟んでの推移となった訳だが、バンドは収れんしてきており、煮詰まり感が意識されている。中心値での攻防が長期化してくるようだと、足元で価格帯別出来高で商いが積み上がっている19250-19450円辺りに跳ね返された格好であることから、下へのバイアスが強まる可能性がありそうだ。MACD、パラボリックは陰転シグナルを継続させている。もっとも、一目均衡表では基準線を支持線として雲を上回って推移しており、遅行スパンも上方シグナルを継続している。足元トレンドが弱含みとなるものの、もう一段のシグナル悪化が見えなければ、押し目拾いのスタンスであろう。