ユーロ・ドルは本日の高値を更新し、一時1.0651ドルまで上昇した。トランプ氏会見後から強まっているドル高調整の余地が残るなか、米国10年債利回りが2.36%台から2.34%台まで低下していることにともない、ユーロ買いが優勢になっているもよう。目先は今週高値の1.0685ドルが意識されつつある。



 ここまでのドル・円の取引レンジは114円54銭から114円87銭。ユーロ・円は121円88銭から122円11銭、ユーロ・ドルは1.0625ドルから1.0651ドルで推移。