ハングリー精神(1月14日)受験生は正念場を迎える。大学入試センター試験が今日、全国で始まる。県内でも約7千人が第一関門に挑む。センター試験の結果で合否が決まる大学も多い。受験生だけでなく家族も、気が休まらない2日間だ。興味深い研究報告がある。空腹時の方が満腹時よりも学習能力が向上することをショウジョウバエの実験で確認したという。東京都医学総合研究所が昨夏発表した。ハエの脳内で、記憶に関わる物質「ドーパミン」の放出量が、空腹時は満腹時の1・5倍に増えているらしい。動物の基本的な記憶の仕組みはほぼ同じで、人にも当てはまる可能性が高いとされる。「太った豚より、やせたソクラテスになれ」。昭和39年の東大卒業式で大河内一男総長が用意した式辞の一節だ。実際は本番で読み飛ばされてしまうが、記者が読まれたものと誤解し記事にして反響を呼ぶ。現状に満足するなというメッセージとして、今に語り継がれている。持ち出した例えがショウジョウバエで受験生には失礼だったが、記憶力向上の手掛かりにはなる。この週末、「冬将軍」という情け容赦ない難敵も襲来した。飽くなきハングリー精神があれば道は開ける。